アダルトゲーム ベスト10 2008年

アダルトゲーム ベスト10 2008年

アダルトゲーム ベスト10 2008年

アダルトゲームの個人的なベスト10。
今回は2008年になります。
各方面で秀でた作品がバランス良く出た年でしたね。

<2008年 アダルトゲーム ベスト10>


大抵の年は、傑作と呼べる作品が一つはあるのですが、
2008年はなく、そういう意味では本命不在の年でした。
ただ、グラフィック、ストーリー、キャラ等、
各分野ごとには秀でた作品があり、バランスは良かったかなと。
漠然とした印象としては、コンチェルトノートとか、
るい智の存在により、好きなキャラの多い年って感じですね。


10)霞外籠逗留記


・・・ノベル、raiLsoft
文学風の独特なテキストが特徴である希さんの、
単独作品としてはデビュー作となる作品。
癖が強いので好き嫌いは分かれるでしょうが、
ハマる人はハマると思います。
何より業界では他にいないタイプのライターだけに、
テキスト重視であれば、一度はやってみるべきかと。


9)毎日がM!


・・・M向け、ノベル、アトリエかぐや
マゾ向け特化の作品。
主観的には大好きな作品でした。


8)操心術3


・・・催眠、ノベル、Studio邪恋
催眠系の作品ではあるものの、
単に女性に催眠術をかけて好き放題するってのではなくて、
催眠能力を持つ二人の催眠合戦がくりひろげられることで、
ストーリーもとても盛り上がる作品でした。
シリーズ通じても、これが一番だったと思います。


7)コンチェルトノート


・・・伝奇、ノベル、あっぷりけ
フローチャートの利便性という特徴もありますが、
何といっても幼馴染の莉都が良かったですね。
最高の幼馴染ゲーでした。


6)るいは智を呼ぶ


・・・女装、ノベル、暁WORKS
とにかく楽しかった!
女装ものではあるのですが、
それよりも会話が楽しくてキャラに魅力のある作品でした。


5)私は私のまま、誰にでも変われる


・・・ノベル、匠
伝奇・ホラー・サスペンス・パロディ・腹ボテ・スカトロ・
輪姦など、PC98時代のノベルゲーを彷彿させる、
様々な要素が含まれたカオスな作品でした。
もうこういうのは出てこないと思ってただけに、
嬉しかったですね。


4)媚肉の香り


・・・NTR、ノベル、エルフ
寝取りで有名な土天冥海さんのエルフでの最初の作品であり、
同時に代表作でもありました。
グラフィックやキャラ等、多くの点で高水準でしたね。


3)MYTH


・・・FT、ノベル、Circletempo
Circletempoの作品は、現在は新作がでれば、
必ず購入するくらい注目していまして。
そのCircletempoの作品の中でも、代表作と呼べる作品。
この年のストーリー重視の作品としては、外せない一作。


2)時函 -Time Capsule-
時函 -Time Capsule-

・・・乙女、ノベル、Ray
同人乙女ゲームの中で、最高とも評される作品。
同人ゲームの中には、ごく稀に、採算度外視ともいえる、
フルプライス商業作品以上に、
凄く作り込まれた作品が出てくることがあります。
本作も、ほぼ全ての面でフルプライス商業ゲーを超えるくらい、
作り込まれた作品でした。


1)ef - the latter tale.


・・・恋愛、ノベル、minori
minoriはずっと演出にこだわっているブランドであり、
この作品も素晴らしかったです。
というか、作品の質としても、ブランドの勢いとしても、
この作品の時がピークでしたね。

関連するタグ WIN /


捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3
カテゴリ「備忘録」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3472-56b1840c
| ホームへ戻る |