最近読んだ漫画(寄宿学校のジュリエット、響 小説家になる方法)

最近読んだ漫画(寄宿学校のジュリエット、響 小説家になる方法)

最近読んだ漫画の感想とか。

今回は、「寄宿学校のジュリエット」と、
「響 小説家になる方法」の2本です。

<寄宿学校のジュリエット>




寄宿学校、ダリア学園。敵対する2つの国の生徒が通う、
この名門校に、許されぬ恋に悩む学生がいた。
東和国寮の1年生リーダー“犬塚露壬雄”。
彼の想い人は、宿敵・ウエスト公国寮の1年生リーダー
“ジュリエット・ペルシア”。
すべては、犬塚の命がけの告白からはじまった!! 
絶対にバレちゃいけない恋物語、開幕!

・・・現代版ロミオとジュリエット。
一巻を読んだときは、なんかニセコイみたいだなと思い、
また内容も普通かなって感じでしたが、
あっちより設定に変なもの混ぜずにすっきりしているし、
二巻以降だんだんと面白くなっていった感じですね。
無茶苦茶面白いというほどでもないですが、
絵も可愛いので普通に楽しめる感じ。
どうやらアニメ化されるようですね。




<響 小説家になる方法>




ギクシャクは創造の母!
とある文芸編集部の新人賞宛に送りつけられた、
直筆の投稿原稿。
編集部員の花井は、応募条件を満たさず、
ゴミ箱に捨てられていたその原稿を偶然見つける。
封を開けると、これまで出会ったことのない
革新的な内容の小説であった。
作者の名は、鮎喰響。連絡先は書いていない・・・

・・・題材こそ小説を扱っているものの、
内容的にはチート系ラノベとかと一緒かなぁ。
先が読みたくなる面白さも確かにあるし、
実際、なんだかんだで続きも読んでいるけれど、
専門性が伴っていないというか、
なんか他の題材にもすぐ置き換えられるような、
微妙な中身のなさが気になるなと。
なんていうか、主観的には好きではあるのだけれど、
作品としては決して高く評価できないって感じですかね。
こういうのがマンガ大賞をとるっていうのならば、
もうマンガ大賞って何の意味もないなと。
とりあえず、映画の主人公に欅坂46のてちを使ったのは、
とてもはまり役だなと、妙に納得しました。



関連するタグ 


さくら、もゆ。        イブニクル2      その日の獣には、
カテゴリ「漫画・ラノベ(刊行中)」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3468-788f9b5f
| ホームへ戻る |