『未来ラジオと人工鳩』

『未来ラジオと人工鳩』

『未来ラジオと人工鳩』は2018年にWIN用として、
Laplacianから発売されました。

序盤は面白かったし、義妹は可愛かったのですが、
それだけに残念でしたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
2061年7月10日、日曜日。千葉県鳴山市。
主人公・月見里ソラ(やまなしそら)は、
ありもののパーツを繋ぎあわせてラジオを再開発した。
「......間に合った」
人工鳩が電波を喰うようになってちょうど15年目のその日。
父親が遺した固定型無線機で、ソラはラジオ放送を始めた。
慣れない放送が始まった翌日、
ラジオが不思議な放送を受信する。
「--8月1日のオオゾラ落下事故の続報です。
第1ターミナル跡地で死亡したのは、月見里ソラさん。
その他、鳴山公空学園でも怪我人が出ています」
それは、未来からのラジオ放送だった。
「3週間後に......おれが、死ぬ......?」
放送を聞いたソラは15年振りに、
鳴山空港第1ターミナル跡地に足を踏み入れる。
かつては日本の玄関口だった場所。
そして、ソラが両親を失った場所。
その建物は朽ち果て、かつての威厳を失い、
無数の人工鳩の巣になっていた。
そこでソラは、銀髪の少女に出会う。
指にとまった人工鳩の頭を撫でながら、
少女はまっすぐにソラを見据える。
「......キミは、死なないよ」
呆然とするソラに、少女は静かに伝えた。
「わたしが、そう決めたから」
「ソラに……。あなたに、笑って空を見上げてほしいから」
こうして、月見里ソラと葉月かぐやは出会った。

<感想>


おそらく、ほとんどの人が同じような感想を抱くと思いますが、
体験版に相当する前半は面白く、
後半が非常に残念な作品でした。
そのため、体験版をプレイした人ほど、
金銭的に見合う部分が少ないことから、
不満が高まりやすいように思います。

ただ、起承転結の転と結がこけたというよりは、
そもそもSFとしての設定部分がガバガバなので、
プロット段階で問題があったということなのでしょう。
だからもう少し時間をかけて後半を書いたとしても、
大きな変化が望めるわけでもなく、面白くなるためには、
もっと抜本的に考え直さなければならないのかなと。
体験版部分は楽しめたという人も多いように、
テキストが悪いわけではないので、
ライターが単純にSFに向いていないだけのように思います。
以上のような作品ですので、
細かい設定の整合性が気になる人とは、
凄く相性の悪い作品といえるでしょう。

グラフィックに関しては、一部CGは凄く良いと思ったものの、
そうでもないようなCGも多くて、
そうなると割と落差があるということになるでしょうか。

さて、ここまでは厳しめのことを書いていますが、
全く楽しめなかったかというと、
個人的にはそうでもなかったりします。
主人公の目的が序盤からハッキリしていますし、
主人公と義妹の会話も楽しかったので、
導入部分は入りやすかったですし、良く来ていたと思います。
また、私は下品な子や下ネタを話す女の子は、
基本的にあまり好きではありません。
しかし、この義妹の場合、主人公への想いが感じられるからか、
なんか読んでいて楽しく、お気に入りのキャラとなりました。

<総合>


総合ではギリギリ佳作としておきます。

前半は楽しめたというのもありますが、
私の場合は義妹が凄く気に入ったので、
それでそれなりに楽しめたというのが大きいです。
しかし、キャラを気に入るかなんてのは、
好みの問題で大きく左右されます。
義妹をあまり好きになれなかった場合や、
ストーリーを重視するような人の場合ですと、
プロット・ストーリーの非常に甘い作品なだけに、
凡作・駄作の評価になってしまうこともあると思います。
その点は注意が必要な作品といえるでしょうね。

ランク:C-(佳作)

AMAZON


駿河屋


DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3
カテゴリ「2018」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3464-e14706b2
| ホームへ戻る |