『みにくいモジカの子』

『みにくいモジカの子』

『みにくいモジカの子』は、2018年にWIN用として、
NitroPlusから発売されました。

作品作りとしては、今回は成長していましたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
全編主人公視点で送る 、新感覚ゲーム!
閉鎖的な地方都市で繰り広げられる復讐劇――。
本作では全編主人公による一人称視点で物語が進行、
プレイヤー自身と主人公が
まるで完全に同期したような新感覚に襲われます。

<感想>


本作のクリエイターの作品に関しては、
いつも平凡なエロゲとは違うことをしようという姿勢があり、
一応毎回気になってプレイしているように思います。
ただ、そういう姿勢があること自体は良いことなのですが、
勉強する気がないのか、ADVに対する知識が、
ハッキリ言って全く足りていないんですよね。
井の中の蛙とはよく言ったもので、
井戸の中(ノベル)だけがADVと思い込んでいて、
そこから外を知る努力もしないのに、
その中であがいたふりだけをしていると。
だから、同じ井戸の中にいるような、
初心者ユーザーには支持を得られても、
その井戸の外をしっている人からすると、
全く斬新でもなんでもないわけでして。
それでも扱った題材に対し、過去の作品より進化していたり、
新たな要素が加われば、それは十分称賛に値します。
しかし、ネタのインパクトありきで、
作品としての中身が伴っていないものだから、
ネタに珍しさを感じないユーザーには、
何の魅力も感じられないで終わってしまうのです。

さて、前置きが長くなりましたが、
本作では、相手の気持ちが、
画面全体に文字で浮かび上がる演出があります。
また、主人公は相手の気持ちを安易に見ないようにするため、
基本的にはずっと下を見ており、
そのために、いわゆる立ち絵がありません。
画面演出や一枚絵中心の構造など、
一つ一つを見てみると、別に斬新でもなんでもないのですが、
それらの各要素が、ストーリーや設定と密接に関連しています。
つまり、これまでの作品のように、
俺こんなの思いついたってのを、
安易に出してみたっていうのではなく
(上記のとおり、それは既に誰かがやっているのですが・・・)、
ストーリーに必要と思われる要素を必要な分だけ、
作品に取り入れているのであり、
今回は作品として成立しているのです。
この成長は褒めるべきでしょうし、次回以降にも期待できます。

ただ、作品内容にこだわりを持つことは良いのですが、
プレイの仕方にこだわりをもち、
それをプレイヤーに強いてはいけません。
例えば、ラーメンを作るのに、材料や作り方に妥協せず、
徹底したこだわりを見せるのは良いことなのですが、
そのラーメンの食べ方に対して、
食べる方にあれはダメこれはダメと制約するのではなく、
食べ方は食べる人に委ねろってことですね。
本作の場合、選択肢の代わりに視線の上げ下げを使うなど、
その発想はとても良かったと思います。
単に選択肢の中から選ぶだけというよりも、数段良いです。
しかし、その場面の演出を飛ばせなかったり、
全体的にUIやシステムがユーザー目線になっておらず、
単純にプレイがしにくいのです。
ここは反省すべきであり、
改善の余地は十分にあったと思います。

それから、あとは、身も蓋もない話ですが、
結局ADVって、ストーリー次第ってところも大きいわけで。
本作は、単純にストーリーがつまらなかったです。
なので、シナリオしか見ないって人には、
かなり相性が悪い作品だと思います。

<総合>


総合ではギリギリ佳作としておきます。

まぁ、主観的には面白くなかったのですが、
今回は初めて、作品を作るという姿勢が見てとれましたし、
きちんと作品になっていたんでね。
安易なテンプレノベル構造から抜け出ようとしない人らとは、
同列に扱うべきではないし、そこは評価して然るべきでしょう。
というわけで、今作に関しては、評価は伸びなかったですが、
次回作には少し期待が持てるように思いますね。

ランク:C-(佳作)

AMAZON


駿河屋


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「2018」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3460-c73694fb
| ホームへ戻る |