夜勤病棟

夜勤病棟

『夜勤病棟』は1999年にWIN用として、
MINKから発売されました。

ジャンル:場所選択式ノベル系ADV 属性:陵辱 調教 ナース

yakin_02.jpg

さて、夜勤病棟自体は結構古い10年以上前の作品なのですが、
シリーズ化もされていますしアニメも大ヒットしたので、
意外と知名度は高いのではないでしょうか。

ジャンルはいわゆる調教ADVで、
医者である主人公が4人の看護婦を性奴へと仕立て上げることが、
ゲームの目的となります。

調教ゲームというとSLGのイメージが強いとうか、
実際SLGが多く発売されてきたかと思います。
推理物を作るのにRPGとかではなく専らADVなのと同様に、
調教物は決まってSLGでした。

とはいえ、何も調教物だからといって、
必ずしもSLGにする必要はないはず。
女の子の堕ちていく過程が大好きだからと言って、
必ずしも育成SLGというシステムが好きだとは限らないですしね。

そういう人にとっては、
夜勤病棟のような調教ADVは最適なジャンルでした。

まぁ、こういうのも流行や流れなんでしょうね。
恋愛ゲームもSLGから次第にADVにシフトして行ったように、
今は調教系もADVが多数なわけで、
むしろ最近始めた人には調教とSLGが結びついていない人もいるでしょうし。
夜勤病棟を始めとしたSLGでない調教ADVが増えだしたのも、
99年の一つの特徴なのでしょう。

そういうわけで純粋に堕ちる過程を楽しめる調教ADVは、
夜勤病棟発売時には少なく珍しかったかと思います。
もっとも数が少なかったのは確かなのでしょうが、
唯一無二というわけでもありません。
これだけでは長所としては足りないのです。

そこで夜勤病棟のもう1つの特徴である、
キャラの可愛さが大きな意味を成してきます。

恋愛ゲーには可愛いキャラの作品も多かったですが、
陵辱物とかには中々可愛いキャラの作品がなかったですからね。

夜勤病棟は恋愛ゲームにも出てきそうな可愛いキャラで、
それでマニアックなプレイもある陵辱物なわけですから、
これはポイントが高いです。

どの娘も可愛いのですが、特に礼美はツボでしたね。
高慢だけど完璧な女性が脆く崩れていく様は大好きなのですが、
見た目がかなり好きでした。

キャラが可愛い調教ADVと限定されてしまうと、
この当時は他になかったかと思います。
私は多くの属性には対応できるのですが、
正直なところ看護婦ものの良さがあまり理解できないわけで、
この点だけは属性がないのかもしれません。
でも、夜勤病棟だけは別格だったんですよね。

そういう意味では、当時はオンリーワン的な存在でした。
なので、個人的には名作と判断しておきます。
もっとも、可愛いキャラの調教ADVはその後増えてきますから、
今となっては良さがやや分かりにくい作品かもしれませんね。

ランク:A-(名作)

夜勤病棟

最後に、今年になって『真・夜勤病棟』という、
リメイク版が発売されました。
大抵のリメイク作品は萌え系のロリ絵に変わってしまい残念に思うのですが、
真・夜勤病棟はより大人っぽい絵柄になりました。
この絵なら個人的にはかなりありです。
リメイクの方は未プレイなのですが、
評判も良さそうなので時間を見つけてプレイしてみたいものですね。

真・夜勤病棟

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/346-d7180414
| ホームへ戻る |