<日記> 某批評空間の個人的な見方、近況

<日記> 某批評空間の個人的な見方、近況

上半期の総括もできないままに、
気が付けば、あっという間に9月に。

エロゲの某批評空間についての個人的な見方と、
近況について。

<批評空間の見方>


エロゲの、某批評空間について。
なんかツイッターで流れていたのが目に入ったこともあり、
批評空間についての、自分の見方を書いておきます。

1)2001年以前の作品について
まず大前提として、2001年より前の作品は、
全く参考にしてはいけません。
中には、自分の好きな作品が高得点というケースもありますが、
それも含めて、参考になりません。

ゲームが発売されると、まずリアルタイムで遊んだ人が、
わりと高めの点数を付けます。
その後、お前何故買った的な頓珍漢な輩や、
発売時期を無視した評価など、
意味不明な評価も加わりますが、理由はともかくとして、
点数は少しずつ下がっていきます。
2002年以降の作品は、とりあえず全てその過程を経ているので、
その意味では平等な環境下にあるといえます。

しかし、あのサイトは2001年に作られたこともあり、
2001年前半より前の作品については、その過程を経ておらず、
平等とはいえません。

サイト開設前の作品だと得票数も少なくなりますし、
たまたま点数を入れた人の評価で大きく変化するので、
そういう意味でもあてにはならないのです。

また、2000年までの作品だと、
PC98の作品が数年後に移植されたのに、
移植された年が発売日として登録されているなど、
発売時期もわりと間違っていますしね。

なお、登録されている作品も一部の作品だけで、
登録されていない作品も一杯あります。
まぁ、私のサイトが勝手に登録された際に、
結構多くの作品が登録はされましたけどね。
たまにあそこのデータで統計をとろうとしている人がいますが、
80年代や90年代の作品について、
あそこのデータで語ろうとすること自体ナンセンスです。

2)80点以上
というわけで、以下の文章は、
全て2001年以降の作品が対象になります。

で、まず80点以上の作品ですが、
基本的に、厨二ゲーが多いというか、
にわけ・初心者向けの作品がほとんどです。
つまり、自分が10代の頃とか、
あまりエロゲを知らない頃にプレイしていたら、
絶賛していたのかもな~という作品が多いんですよね。
基本的に信者とかの工作の多いサイトですし、
そういう工作するほど熱狂的なユーザーが生まれるというのも、
血の気の多い若いユーザーが多い証拠ですしね。
問題なのは、そういう厨二ゲーの多くが、
ADVとしては作り込みが甘い作品が多く、
たくさんの作品を見てきた自分にとっては、
不満が残りやすいということです。
そのため、80点以上の作品は、個人的には地雷が多いです。

もちろん、ケースバイケースなのは当然ですけどね。
マニアックなために、最初から購入者を選らぶ作品で、
当該ジャンルに煩い人だけがプレイしたはずのに、
それでも高い点数になったケースもありますから。
そういう作品であれば、楽しめる可能性は高いですし。

3)75点~79点
80点以上の場合、なんだかんだで万人向けというか、
幅広い層に対応していて、
逆にその分だけぬるい作品が多いです。

本当に突き抜けた作品というのは、
その強烈な個性ゆえに、受け付けない人も出てくるわけで、
高得点を付ける人がいる一方で、
極端な低得点を付ける人も出てきます。

そのため、平均点としては下がるけれども、
突き抜けた特徴を評価する自分としては、
そういう拒絶反応を示す人が出てくるような作品こそ、
待ち望んでいる作品なんですよね。
だから、75~79のゾーンこそ狙い目であり、
掘り出し物があるように思います。

4)70点~74点
新作で、恋愛ゲーで、74点以下だと、
ほとんどプレイする価値なしかなと。
そうでない場合は、レビューを読んでみてですかね。
ただまぁ、ほとんどの人が70点とかだと、
やっぱり特徴の乏しい作品が多いので、
むしろ標準偏差の大きい方が期待はできるかもですね。


<日記>


期待の夏アニメの記事を書く予定が、
もう秋アニメを検討する時期に・・・
夏、秋問わず、何か面白そうなのあったら、
教えてください。
とりあえず今期は、『はたらく細胞』が面白いです。
血小板ちゃんが可愛い!



ゲームの方は、『ランス10』を除くと、
上半期は完全に不作かなと。
何がまずいって、これまでの不作年ってのは、
やってみたらつまらなかったけれど、
気になる作品ってのは多かったんですよね。
しかし今年は、そもそもプレイしたくなる作品が、
例年より極端に少ないように思います。
私個人の気持ち的な問題なのでしょうか・・・
もう面白いか面白くないかは二の次で、
とりあえず私がプレイしたくなるような作品があれば、
誰でも良いから教えてくださいって感じですね。

関連するタグ 


捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3
カテゴリ「その他・雑記」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

いつもこちらのブログにはお世話になっております。

某批評空間ですが、確かに昔の作品の点数は低めだと思います。
特に昔の作品に「古臭い」、「今じゃ厳しい」という理由で点数を低くつける方は理解できません。
katanさんもおっしゃてるように、ゲームは作品が出た時代を考慮して評価されるべきだと思います。

ところで、ランス10の中央値はもの凄いことになってますね。99点って…




アニメですか。もう9月とは早いものですね!
夏アニメで見続けているのは、「はねバド!」と「はるかなレシーブ」と「ハッピーシュガーライフ」ですね。「はねバド!」は1クールに纏めようとして改悪されてる部分も多いですが、原作とは違う視点で話が展開されているので、新鮮な気持ちで楽しめていますね。
「はたらく細胞」は未視聴です、すみません!

秋アニメは京アニの「ツルネ」、P.Aの「色づく世界の明日から」、きらら枠の「アニマエール!」、さくら荘やJust Because!の作者の「青春ブタ野郎」はとりあえず視聴します。
「寄宿学校のジュリエット」もキャラ絵が可愛いと思ったので、気になります。
それと原作は読んでいて、個人的にはハマらなかったのですが、百合が好きなので、「やがて君になる」も観ると思います。
ただ最近はノーチェックのアニメが当たりだったりするので、今後も動向を見守っていきたいです。


秋アニメといえば!全く期待はしていませんが、YU-NOのアニメはどうなったんでしょう。
確か2018年に放送って言ってたような…
気になって公式Twitterを見たら、9月20日にアニメに関する重大発表があるらしいです。
これは延期確定ですねー

どこの投稿型レビューサイトでも、低評価の場合は大体信用してもいいですが、高評価の場合でもハズレが結構あるので慎重に選ぶようにはしてますね。
某空間の80点代は、いくつかアタリはあるものの、ハズレも多いので、特に見極めが必要ですね。

今年のゲームは現時点で文句なしに名作って作品は「ランス10」くらいですかね。それに次ぐ良作も「Summer Pockets」などがありますが、本数は少ないように感じます。
コンシューマーでは「Detroit Become Human」をプレイしました。良くも悪くもスタッフの過去作と同じく、長所:グラフィック・演出、短所:ストーリー・ゲーム性といった感じですが、なんだかんだでグラフィックが素晴らしいので、最後まで楽しくプレイできました。

2017年も不作でしたが、まだ結構楽しめる作品もあったのに対し、今年は寂しい感じですね。
まあ最近はいろいろ映画を見たりしてて、だんだんゲームをやらなくなっていってる感じなんですが…
そういえば最近見たアニメ映画では、「聲の形」「リズと青い鳥」が面白かったです。山田尚子監督の作品はやっぱりどれも好きですね。

夏アニメは「ヤマノススメ サードシーズン」は毎週楽しみにしてます。
あとは、短時間で萌え要素を補給できる「One Room セカンドシーズン」「嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい」を見てました。
「はたらく細胞」はまだ最新話まで見てないですが面白いですね。

秋アニメはまだあまりチェックしてないですが、原作が百合マンガの「やがて君になる」は気になるので、とりあえず見ると思います。

>また、2000年までの作品だと、
>PC98の作品が数年後に移植されたのに、
>移植された年が発売日として登録されている

これはWindowsのゲームのみを登録していた影響らしいです。
PC98版とWin版の両方が登録されているゲームもある一方で『Rance -光を求めて-』のように複数のPCで発売されても1つしか登録されていないゲームもあるので、そのあたりは大雑把ですね。

・アニメ
 はたらく細胞はスピンオフのBLACKも1巻が単行本発売されましたが分かりやすくて面白いですね。
 今期アニメですとオーバーロードⅢですかねー。アニメはかなりダイジェスト版進行なってますが
角川アニメいつもの小説購入への販促アニメとしては良作の出来では。
あとは月1ですが衛宮さんちの今日のごはん。原作のFateから14年ほど経ちますが
派生作品でここまでもたせ続けられるというのもここのブランドの強みなんだろうなと。
 秋(10月)はソードアート・オンライン アリシゼーション、アニメでどういうストーリー構成なるか
中盤やや中弛み原作ではしてましたが序盤と終盤の演出どうアニメーションするのか楽しみです。
今年発売のDetroitというゲームでもAI(アンドロイド)と人間の関係がテーマなってましたが
その辺の描き方も原作者なりの回答を出していてますし少し?未来のSFとしても楽しめますかと。
ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風も秋アニメで始まるのでこれまでのジョジョシリーズしっかりと原作忠実に
作ってくれていて丁寧な進行なので楽しみです。
 ・ゲーム
 先月の1room -家出少女(同棲生活シミュレーション)とか堕落ロイヤル聖処女(夜のひつじ新作)どうでしょうか?

 こちらは非アダルト系列で時間取られてアダルトゲームは手早く終わったり中断できるもの中心に遊んでます。
シナリオ系のゲームは別トピックの記事でも取り上げられてますがせっかく演出拘ってるものの
流し読みしていくには邪魔で台詞も吹き込んでる声優さんにはなんですが日常シーン全て声必要なのかなとも。
最近NHKの青春アドベンチャーという短編ラジオドラマを久々に日々聴いているからかもしれませんが
 登場人物の紹介や関係性は文章で把握できてしまいそれ以上の人物同士の思慕や憎悪嫌悪が声から伝わるか
というと萌えや燃えやその声優さんのもちネタでの台詞が多く少し食傷気味かなと。
とはいっても現状各店舗の売り上げランキングみると原画買いブランド特化ジャンルシーンエピソード買いの
シナリオ系列エロゲーが人気のようなのでまだしばらくこの状況続くのだろうなーっと。
数日前Minkが次作で終焉宣言しましたがSwindleといったエロゲーならでは作品も有りました。
もう時代ではないという言葉これは濃いエロ描写以外はラノベで事足りてしまっていてテンプレ構成で
徐々に先細り始めているエロゲ業界(主にシナリオ系)全体にも当てはまる気がします。
エロが無くならない様にエロゲ自体は無くならずブランド数が減っていくという意味ですが。
 ・某サイト
 クリエイター情報登録があまり整っていない時に新規登録したり作品リンクしたりしてましたが
他にする人が増えてからはあきらかに関わって無かったり誤謬の類の登録を直すくらいに。
点数の付け方は80点数年くらいは時折遊ぶ、70点関わったクリエイターさんの次作購入検討
60点とりあえず購入した金額分は楽しめた、50点以下マイナス要因により減点の結果
な感じで自分の目安程度で付けていてあまりあちらの点数自体参考にすることは。
ただどうしてこんなに高くとか低くとかきちんとコメントしてる方もいるのでそちらは読んで楽しんでます。

>タッシーさん

> 特に昔の作品に「古臭い」、「今じゃ厳しい」という理由で点数を低くつける方は理解できません。

こういう点の付け方をする場合、全てがその特定のある時点での評価となりますから、点を付けた直後からもうその点数や感想は無価値になってしまいます。
書いている人は、それに気付かないのだろうかと、いつも不思議に思ってしまいます。

> ところで、ランス10の中央値はもの凄いことになってますね。99点って…

シリーズのファンが買ったうえで、あの内容なので、高得点になって当然ではあるのでしょう。
ただ、個人的には鬼畜王が出た時のインパクトには届いていないと思うのですけどね。

> 夏アニメで見続けているのは、「はねバド!」と「はるかなレシーブ」と「ハッピーシュガーライフ」ですね。「はねバド!」は1クールに纏めようとして改悪されてる部分も多いですが、原作とは違う視点で話が展開されているので、新鮮な気持ちで楽しめていますね。

「はねバド!」と「はるかなレシーブ」は原作は読んでいるのですが、それもあってか、アニメは見ていませんでした。
「はねバド!」は原作通りって感じでもないのですね、知りませんでした。
「ハッピーシュガーライフ」は調べてみます。

> 秋アニメは京アニの「ツルネ」、P.Aの「色づく世界の明日から」、きらら枠の「アニマエール!」、さくら荘やJust Because!の作者の「青春ブタ野郎」はとりあえず視聴します。
> 「寄宿学校のジュリエット」もキャラ絵が可愛いと思ったので、気になります。
> それと原作は読んでいて、個人的にはハマらなかったのですが、百合が好きなので、「やがて君になる」も観ると思います。

まだ調べてないので、上記の作品を参考にさせてもらいます。
ありがとうございます!

> 秋アニメといえば!全く期待はしていませんが、YU-NOのアニメはどうなったんでしょう。

そういえば、2018年っていってましたね。
アニメ版は全く興味がないので、忘れていました。
まぁ、いずれにしろ見ないでしょうが・・・

>yukimuraさん

低評価のコメントを見て、それが自分にとって問題ないのであれば、楽しめる可能性は高くなるので、低評価のコメントは参考になりますね。
あのサイトの場合、高評価のコメントは、なぜそれを高評価したのかわからないものが多いので、あまり参考にならないことが多いように思います。

> 今年のゲームは現時点で文句なしに名作って作品は「ランス10」くらいですかね。それに次ぐ良作も「Summer Pockets」などがありますが、本数は少ないように感じます。

本数が少ないですよね。
年間ベスト10が成り立つのかが心配です。

> コンシューマーでは「Detroit Become Human」をプレイしました。

これはまだ未プレイです。
普通には楽しめるという意味では鉄板なんだろうなと思いますが、それ以上になりそうな魅力は感じられなかったので、後回しになっています。
でも、そのうちやってみたいです。

> 夏アニメは「ヤマノススメ サードシーズン」は毎週楽しみにしてます。
> あとは、短時間で萌え要素を補給できる「One Room セカンドシーズン」「嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい」を見てました。
> 秋アニメはまだあまりチェックしてないですが、原作が百合マンガの「やがて君になる」は気になるので、とりあえず見ると思います。

ヤマノススメは鉄板ですよね。
それ以外の作品は、チェックしておきます。
ありがとうございました!

>通りすがりさん

> これはWindowsのゲームのみを登録していた影響らしいです。
> PC98版とWin版の両方が登録されているゲームもある一方で『Rance -光を求めて-』のように複数のPCで発売されても1つしか登録されていないゲームもあるので、そのあたりは大雑把ですね。

そうなんですよね。
まぁ、サイト管理人としては、その辺が限界なのかもしれませんけど。
ただ、そういう事情を知らずに、あのサイトのデータが全エロゲデータであるかのように、それで統計をとったり、コラムを書きだす輩が時々いるので、そういうのは非常に間抜けだし、無意味だよなと思ってしまいます。

>灰の風来人さん

> ・アニメ
>  はたらく細胞はスピンオフのBLACKも1巻が単行本発売されましたが分かりやすくて面白いですね。

こちらは原作未読なので、スピンオフも知りませんでした。
そういうのも出ていたんですね。

>  今期アニメですとオーバーロードⅢですかねー。アニメはかなりダイジェスト版進行なってますが
> あとは月1ですが衛宮さんちの今日のごはん。原作のFateから14年ほど経ちますが

見ていなかったので、チェックしてみます。

>  秋(10月)はソードアート・オンライン アリシゼーション

こちらもチェックしてみます。
ありがとうございます!

>  ・ゲーム
>  先月の1room -家出少女(同棲生活シミュレーション)とか堕落ロイヤル聖処女(夜のひつじ新作)どうでしょうか?

チェックしてみます。
夜のひつじは、一時期は非常に期待して、すぐにプレイしていたのですが、最近の路線のままだと、もういいかなって感じで、ちょっと興味が薄れているんですよね。

> 数日前Minkが次作で終焉宣言しましたがSwindleといったエロゲーならでは作品も有りました。

ミンクは、エロゲにいくつかの功績を残したのは確実なので、それがなくなるのは残念ではありますが、最近の活動からすると、仕方ないでしょうね。
他方で、同じく古くからやっていて、今でも美少女ゲームクリエイターとしての情熱を持ち続けている広崎さんの気概には感心するばかりです。

> ただどうしてこんなに高くとか低くとかきちんとコメントしてる方もいるのでそちらは読んで楽しんでます。

そういう方の感想は参考になりますが、年々減っていっているようにみえるのが残念ですね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3459-da03ced9
| ホームへ戻る |