『抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?』

『抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?』

『抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?』は、
2018年にWIN用として、Qruppoから発売されました。

予想外に、読ませる作品であり、
また、読んでいて楽しい作品でした。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
「もしも抜きゲーみたいな島が本当にあったら?」
青藍島…「性乱島」の別名を持つこの島では、
「ドスケベ条例」によってドスケベセックスが
強く推奨されていた。
処女厨を自称する主人公は様々な理由で
セックスを避けるヒロインたちと
逃げ回る日々を送っていたのだが、
そこらじゅうビッチ&やりまくりのこの島で
逃げ切れるはずもなく…!
主人公たちは乱発するドスケベハプニングに
次々と巻き込まれていく!!
彼ら彼女らの明日はどっちだ!

<感想>


率直な感想としては、ようやくこういう作品が、
また出てきたな~というところでしょうか。

本作は、タイトルだけを見ると、
いわゆる抜きゲーに見えると思います。
なので、そういう期待を持ってプレイした人もいるでしょう。
その観点から見た場合、意外とエロが少ないので、
ガッカリしてしまうでしょう。
本作は、いわゆる抜きゲーではなく、
バカゲーをベースとしたストーリー重視の作品なのです。
今からプレイする人は、
その点だけは、事前に把握しておくべきでしょうね。

本作のようなモラルが崩壊し、エロエロな設定の世界は、
いかにもエロゲらしいと言えるでしょう。
しかし、このような世界設定にしたからといって、
ストーリーをないがしろにして良いわけではありませんし、
エロだけを描写しなければならないわけではありません。
モラルの崩壊した世界を舞台にしつつも、
ストーリーの楽しめる作品があっても良いはずです。
実際、80年代とか90年代のエロゲには、
そういう作品も幾つもあったんですけどね。
ゼロ年代以降、いわゆるシナリオゲーと抜きゲーという、
極端で無意味な二分化が進んでいくなかで、
本作のような作品がなくなっていきました。
むしろラノベの方が、
最近はこういう作品を見かける感じなんですよね。
こういうのこそ、本来はエロゲの領域だったのにと、
個人的にはずっと不満があったものです。
そうした中で、新ブランドのデビュー作で、
絶滅しかけたジャンルを復活させたわけですから、
これは大したものです。
良くぞ作ったと、称賛したくなりますね。

まぁ、そういう作品ですからね。
二分化はばかばかしいとは言っても、
その固定概念から抜けられない世代もいるでしょうし、
その人たちには、あまり合わない可能性はあります。
また、基本はバカゲーですので、
ギャグが合う合わないはどうしても出てくるでしょう。
他方で、固定概念に捉われていない新規ユーザーは、
ギャグが合えば素直に楽しめると思いますし、
反対に、80年代や90年代作品が好きだったような、
古くからのユーザーも、昔の作品みたいに思えて、
楽しめるように思います。
ここを訪れる人は、昔の作品が好きな人も多いと思うので、
比較的おすすめしやすいように思いますね。

ただ、昔からのユーザーの場合、
プレイして単純に楽しめるとは思うのですが、
あまり過度な期待はしない方が良いのかなと。
結局のところ、昔のゲームや80年代のエロマンガ路線であり、
そこから特に大きな進化があるわけでもないですからね。
もちろん、絵は綺麗になりましたが、
その分、ゲーム性とかなくなっていますし。

昔あった路線の復活自体は、
個人的には嬉しいところではあります。
ただ、名作足りうるには、現代の作品として再構成し、
プラスアルファの何かが必要だと思います。
本作は、一枚絵が少ないことや、
それを補えるだけの演出もないことから、
現代的作品としてのプラスが足りなかったと思います。
具体的に簡単にいうと、
テキストは馬鹿な世界観を表現できていたと思いますが、
それが画面に反映されていないのです。
ストーリー重視とエロは両立するはずで、
本作のストーリーの中に、もっとエロを混ぜることはできたし、
それを画面上で表現することもできたと思います。
狂った世界観であることが、画面上から伝わってこなかったため、
どうしても物足りなく見えてしまいました。

<総合>


総合では良作としておきます。

ここ数年、90年代まではあったのに、
ゼロ年代に絶滅しかけたジャンルが、いろいろ復活しています。
そういう意味も含めて、本作は意義のある作品でしょう。
本作は商業デビュー作ということもあってか、
上記のとおり、いろいろ足りない部分もあります。
それでも、こうした作品に挑んできたブランドだけに、
今から次回作に期待したいものです。

ランク:B-(良作)

AMAZON


駿河屋



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「2018」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3458-ddf2deb7
| ホームへ戻る |