『Erewhon』

『Erewhon』

『Erewhon』は2018年にWIN用として、
CLOCKUPから発売されました。

ジェントル佐々木さんの描く一枚絵が、
魅力的な作品でしたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
きっかけは一冊の手記だった。
偶然手に入れた手書きの手記に記されていた【地図にない村】。
そこは――狂い咲く椿、一足早い紅葉、沢山の赤い花々。
気が狂いそうに赤い森に囲まれた山奥の寒村、
来待(きまち)村。
青年はその村に来訪神(まれびと)として迎えられる。
ようこそ、おいでくださいました。御廻様(おめぐりさま)。
今年の祭りは二十年に一度の特別な式年大祭でございます。
この者たちは、
この特別な年に訪れる御廻様のために生まれ育った
斎(いつき)の者たちでございます。
ふたりは毎夜交代で伽に参ります。
村の美しい娘を一夜妻として神に差し出す……
これは古代からつづく大切な斎の儀式。
神を歓待するための、神聖な行為なのです。

<感想>


因習の村でマレビトとして奉仕されるADVということで、
本作は、多数のHシーンと、
伝奇としてストーリーでも楽しめることの両立を図った、
CLOCKUPらしい作品になります。

ジェントル佐々木さんの描く一枚絵、
特に冒頭のイベントCGの出来が素晴らしく、
これは面白いのではという期待を抱かせるとともに、
序盤の掴みは十分に良かったです。

ただ、この作品、部分的には良いところもあるのですが、
全体的にチグハグであり、端的に言うならば、
根本的なゲームデザインに失敗しています。

本作は村の因習を扱った伝奇であり、
重苦しいどろどろした雰囲気作りが大事になってきます。
しかし、アヘ顔をはじめとした下品なHシーンの数々が、
その雰囲気を台無しにしてしまっています。
CLOCKUPのこうしたHシーンは、
作品によっては魅力にも繋がっているのですが、
本作に関しては、双方の良さを相殺しているようにみえます。
だから、何かしっくりこないと。

また、Hシーンのバリエーションが豊富なわけでもなく、
抜きゲーとして何かにこだわったようにも見えません。
Hシーンが多いというのは、
エロゲとしては本来良いことなのでしょう。
しかし本作においては、
ストーリーの魅力を削ぐことはあっても、
あまり何かにプラスに作用しているようには見えませんでした。

ストーリーについてみた場合、
序盤で二人の少女の中から一人を選ばせるのですが、
そのうち一人に関しては、
ゲーム終盤では存在感が希薄になります。
この序盤の大きな選択とストーリーとを、
もう少し密着したものにできなかったのか、
その構成には疑問が残ります。

近年のエロゲは、個別ルート構造の弊害により、
ストーリーがヒロインに従属するケースが多いです。
それはそれで良いのだとしても、上記のとおり本作では、
ヒロインの一人は希薄になっていきますので、
特定のヒロイン目当てというプレイには向きません。

つまり本作は、ヒロインに従属するタイプではなく、
主人公のストーリーが描かれるタイプなのです。
それにもかかわらず、本作には、ルートロックがあります。
主人公の物語のはずなのに、何もできずバッド前提で、
こちらはただ見ているだけというのは、
ゲームとして破綻しています。
ノベルゲーが珍しい人もいた20年以上前ならば、
鈍い人は誤魔化せたかもしれませんが、
いまだにそういうことをするのはナンセンスです。

また、そうしてルートロックをして、
製作者の意図するところへプレイヤーを誘導しておきながら、
何故か最後はマルチエンディングになっています。
これでは、ライターの主張したいことがぼやけてしまいます。
プレイヤーの選択に委ねたいのであれば、
最初からロックなんかしなければ良いのです。
強く伝えたいメッセージがあるのであれば、
ロックをかけたりして、プレイヤーを誘導するのも分かります。
良くあるノベルゲーで、最初は複数の個別ENDに行けつつ、
最後はトゥルーに収束するというのも、
ゲームとしての自由度とライターの主張の両立を図ったゆえの、
一つの成果といえるのでしょう。
本作は、いわばその逆の構造であるために、
一体何をしたかったのかが伝わってこないのです。

本作は、ストーリーにも力を入れているようですが、
後半のCGの大半はHシーンであり、
イベントCGがあまりありません。
イベントCGに関しては、ゲーム序盤のCGがピークであり、
それを超えるものが終盤にありませんでした。
ゲーム序盤はHシーンに力を入れつつも、
ゲーム終盤は、ストーリーの盛り上がるイベントにおいて、
そのイベントCGの割合を増やして、
ストーリーを盛り上げるというのならば話が分かります。
本作は逆なんですよ。
終盤の大事なところでイベントCGがないので、
序盤のようなインパクトが生まれないのです。
Hシーンを何個か削っても構わないから、
もう少しイベントにCGを割けなかったものでしょうか。

<総合>


総合では凡作としておきます。

一つ一つの素材に関しては、
良作になりうるだけの素質があったと思います。
しかし、その調理がまるでできていないのであり、
これでは作品として成り立っているとはいえません。
部分的には良いところがあるだけに、
もっと楽しめてもおかしくないところ、
やってみると、なぜかはまりきれなかったという人も、
それなりにいると思います。
それは本作のチグハグな構造、
製作理念の見えない作り方に原因があると思います。
せっかくの素材を活かすも殺すも、
料理人にあたる製作トップにかかってくるだけに、
もう少し企画・監督をしっかりすべきように思いますね。

ランク:D(凡作)



DL版



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「2018」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3455-617cf2d2
| ホームへ戻る |