アダルトゲーム ベスト10 2001年・2002年 (番外編)

アダルトゲーム ベスト10 2001年・2002年 (番外編)

アダルトゲーム ベスト10 2001年・2002年 (番外編)

2001年及び2002年のアダルトゲームについて、
惜しくも圏外となったけれど、知っておいてもらいたい、
特徴のある作品などを挙げておきます。

<2001年 アダルトゲーム 番外編>


最後に奏でる狂想曲


・・・陵辱、ノベル、たっちー
もはや陵辱系にも鬼畜系にもおさまらない、
絶叫系作品として、とても話題になった作品でした。


ODEON


・・・SF、育成SLG、墨
プレイをしていて、本当に意味が分からんと思った電波ゲーは、
後にも先にもこれだけだったような。
グラフィックは当時最高峰でしたので、
CG集としての価値もあると思います。


鬼作


・・・陵辱、ノベル、エルフ
最大手が軒並み参戦した売上ランキングにおいて、
混戦を制したのがこの作品。
ラストのシーンは蛭田さんの引退を示唆しているだけでなく、
90年代エロゲーマーに引退を促しているかのような、
何とも物悲しい気持ちになってきますね。


君が望む永遠


・・・恋愛、ノベル、アージュ
1章まるごとという、これまでの常識をくつがえすような、
大ボリュームの体験版により、発売前から注目を浴びた作品。
今日のエロゲの体験版ありきの営業展開というスタイルは、
この作品の成功があったからこそでしょう。
本作のような昼ドラ路線作品と、
泣きゲー崩れの鬱路線作品により、
この時期、鬱ゲーがとても増えたものでした。


Hotel ergriffen -ホテル エァグリッフェン-


・・・ノベル、maple
灰村キヨタカさんが原画をしているということで、
資料的な価値もある作品。ただ、それよりも、
こういう油彩のような強烈な絵のエロゲもあるということで、
原画ファン以外にも知っておいてもらいたい作品ですね。


<2002年 アダルトゲーム 番外編>


妻みぐい


・・・人妻、ノベル、アリスソフト
エロゲバブルの崩壊した2002年。
そのことにまだ気付けてすらいない人も多い中、
いち早く業界の危機を察知したアリスが放った新機軸は、
低価格路線の作品でした。
その中で最も売れた本作は、2002年の売上ランキングでも、
1位を獲得しました。


白詰草話


・・・ノベル、Littlewitch
漫画的手法を用いた作品は、実は80年代からあり、
時々忘れた頃に出てくるのですが、
手間がかかるのか、なかなか数が増えません。
そしてWIN初期の漫画的手法を用いた作品としては、
何と言ってもこの作品になると思います。


俺の下であがけ


・・・BL、SLG、アリスブルー
アリスソフトのBLレーベルである、アリスブルーの作品。
BLゲーではあるのだけれど、
いかにもアリスらしいと思える、
古き良き時代のアリスらしさを宿した作品でした。
そのため、古くからのアリスファンの中には、
これを機にBLゲーデビューした人も多かったようですね。

関連するタグ WIN /


捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3
カテゴリ「備忘録」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3453-38c54f0f
| ホームへ戻る |