『催眠学園1年生』

『催眠学園1年生』

『催眠学園1年生』は2018年にWIN用として、
筆柿そふとから発売されました。

シリーズ3作目の完結編になります。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
主人公はさえない風貌で、人付き合いも苦手な三流大学の学生。
その趣味も変質的ですが、
本人はそれを恥じることもありません。
ストーカーまがいのことをしたり、
こっそり夜中にゴミを漁ることも。
当然のように周囲の人間からは忌避されています。
あるとき、ゴミの中からオモチャの銃のようなものを拾います。
ひょんなことから、それが催眠導入をする機械だと判明します。
彼はそれを存分に活用して、
普通ならなることも出来ないはずの
お嬢様女子校の教育実習生になってしまいます。
そこで女教師、養護教員、そして生徒会長などの3年生、
さらに2年生たちをモノにした主人公は、そこからさらに、
新入の1年生まで手を広げ、
学園全体を支配しようとしていきます。

<感想>


本作は、エロ重視の作品ですので、
本作からプレイしても、楽しむことはできます。
ただ、本作は単に1年生に手を出すというのではなく、
前作及び前々作ヒロインも登場しますので、
できれば最初からプレイした方が良いかと思います。

また、シリーズ最終作によくある話でもありますが、
過去作のヒロインらが登場してきますので、
本作の新ヒロインの出番が、それだけ削られているわけでして。
本作のヒロインだけが気になって、
本作だけプレイしたというような人だと、
やっぱり満足度は下がってしまうように思います。
そういう意味でも、過去作からやった方が良いのでしょう。

さて、3作にわたって展開されてきた催眠特化作品ですので、
催眠ゲーが大好きな人ならば、お腹一杯になると思います。
催眠シチュをやりつくした感がありますし、
そういう作品もプレイしてみたいとは思っていたので、
個人的にも一応の満足はしたように思います。

ただ、陵辱全般ではなく、催眠という属性だけであることから、
どうしても食傷気味になりやすいのは否定できないでしょうね。
それでも、強烈な主人公や、対局の位置にいるライバル、
或いはラスボス的なヒロイン等、
何でも良いので、何か強い芯となるものがあれば、
一つのシリーズとして、充実度が増していたと思います。
残念ながら、そういったものがなかったので、
単にボリュームだけが増えたようにも思えてしまい、
完結編としての満足度につながらなかったのだと思います。

<総合>


総合では佳作としておきます。

とにかく催眠ゲーが好きなんだという人であれば、
十分楽しめると思いますね。
他方で、2作目までプレイしたし、楽しめたけれど、
ちょっともうお腹一杯なんだけれど、
3作目どうしよっかと悩んでいるような人であれば、
無理にプレイする必要もないのかなと思いました。

ランク:C-(佳作)



DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3
カテゴリ「2018」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3445-684ae507
| ホームへ戻る |