ODEON

ODEON

『ODEON』は2001年にWIN用として、
墨から発売されました。

電波ゲーと言われて真っ先に思い浮かべてしまう、
意味のわからない作品でしたね。

ゲームジャンル:ノベル系ADV
odeon01.jpg

98年に放送されたアニメの『lain』は大好きだったのですが、
あれはゲームもかなり癖があったわけでして。
つまり大雑把にはADVになるのでしょうが、
断片を集めていってそれを自分の中で構成するという形だったんですね。

ODEONはキャラデザや雰囲気にもlainっぽさがあって、
それで気になった作品だったのですが、
ゲーム性の面でも似たような感じでした。

具体的に見てみますと、ゲームは基本的にはノベル系のADVであり、
章仕立てになっています。
各章(Karma)には何本もショートストーリー(memory)があって、
プレイヤーはmemoryを順不同に選択することになります。
そしてその幾つかを見れば次の章に進むことになります。

先ほど『lain』に似ていると書きましたが、
ストーリーでは更に『エヴァンゲリオン』っぽい雰囲気も漂っています。
それだけでなく、ゲームの構成上時系列が分かりにくい上に、
SFっぽい世界で意味の分からない専門用語が飛び交い、
まるで内容が分かりません。
これまでにも電波ゲーは幾つもプレイしてきましたが、
ここまでわけがわからないゲームもありませんでした。
個人的には、意味不明さに限れば今でも最高峰のゲームです。

じゃあ全く楽しめなかったのかというと必ずしもそうでもなく、
つまりはCGがべらぼうに良かったのです。
とにかくCGが綺麗だし格好良いのですよ。
だから、何だこれ意味分からんと思いつつも、
どうしても次のCG見たさにプレイしちゃうのです。
そしてCGが良いものだから、
物語の意味が分からなくても何となく雰囲気は伝わってくるわけで、
格好良さげな世界に浸った気にはなれるというわけです。

まぁ、ある面ではかなり厨二ゲーっぽい作品なのですが、
痛いキャラやくどい思想はなかったので、
不愉快にならずにプレイできた作品でした。

総合的には難しいですね。
たぶんこれ、私の理解云々以前に誰も理解不可能でしょう。
パズルのピースを自分で埋める類のゲームですが、
全部埋めてもまだ足りませんもん。
なので、どれだけ酷い評価をされても仕方ない面はあるでしょう。
しかし、CGモードがないという致命的欠陥もあるものの、
それでもやっぱりCGと雰囲気は良かったですからね。
CG集として考えれば元は取れたようにも思うわけで、
少し甘いかもしれませんが、ギリギリ佳作としておきたいと思います。

ランク:C-(佳作)

Win95-2K CDソフト ODEON

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2001」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/344-ffd1f1f7
| ホームへ戻る |