『ネノトリ』

『ネノトリ』

『ネノトリ』は2016年にWIN用として、
逆流ソフトから発売されました。

影絵アニメーションで話題になった寝取られものの、
第2弾になります。

d_100960pr.jpg

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

作品紹介
○主な内容
・オムニバスストーリー形式の影絵寝取られADVです。
・初回起動時に、三つの話から好きな方を選択できます。
・選択肢による分岐は一切なく、それぞれ一本道のお話です。
・物語全体の背景に、黄金の鳥という
異世界の生物が存在しています。
・某名作漫画のバックボーンをオマージュしていますが、
ゲーム内のストーリーや登場人物は全て
当サークルオリジナルの物です。

○収録タイトル
・望郷編 「ワレ、帰還セリ」
戦時~戦後の日本を舞台とした、幼馴染寝取られ物。
・昔話編 「Tの恩返し」
童話「つるの恩返し」を寝取られ物にアレンジしたお話。
・一期一会編 「星の止まる宿り木」
現代社会を舞台としたストーリー。主人公は普通の大学生。

<感想>


まず基本的なところから入りますが、
本作は、いわゆるサウンドノベルのように、
キャラはシルエットで表示されますので、
ヒロインの顔が描かれていないと駄目という人は、
全く楽しめないおそれがあります。
その点は、絶対に注意した方が良いでしょう。
つまり、本作は、普通のエロゲとは異なり、
妄想で興奮できる人だけを対象にしているんですよね。

さて、影絵でアニメーションをするというのは、
これはこれでなかなか凝ってはいるのですが、
個人的には、オブラートというか、
説得性を増すためのもう一工夫が欲しかったかなと。
プレイヤーの妄想を刺激するという意味では、
例えば『好き好き大好き』(SSD)なんかがあります。
SSDの場合、ヒロインをラバーで包む必要性が延々と語られ、
ヒロインの顔を見せろよと思いつつも、
これなら仕方ないかと思わされ、
ヒロインの姿が直接見えないことにも説得力があります。
本作でも、Hシーンを直接覗けず、障子ごしに見るため、
影絵になるという部分があります。
その部分は、障子というオブラートで包みつつ、
ヒロインを直接見ることができないことに、
説得力が生まれています。
しかし、その他の部分では、何の必要性も説明もなく、
ポンとシルエットで表示されますので、
興覚めしてしまうのです。
影絵であること自体を批判するつもりはないですし、
使い方次第では武器になるとも思いますが、
もう少し工夫が欲しかったですね。

ストーリーについては、一部オマージュであり、
特別秀でているというわけではありませんが、
他方で、ただの寝取られの抜きゲーに終わらせておらず、
結構読み応えはあると思います。
したがって、寝取られも好きだけど、単にエロだけでなく、
ストーリーとして楽しめるものが好き、
という人に向いた作品だと思いますね。

<総合>


総合では佳作としておきます。

影絵アニメーションというのは、
使い方によっては武器になると思います。
ただ、個人的には、どこかで部分的に使うのが効果的であり、
ゲーム全体でシルエットにする必要まではないのかなと思います。
少なくとも本作では、全体で影絵にする必要性は感じられず、
この手の小説を読む以上の満足感にはつながりませんでした。
そのため、個人的な満足度はそれほど高くないのですが、
シナリオだけに絞ってみれば、
同ジャンルの中でも上の方だと思いますので、
NTRが好きで、シナリオだけを求めるという人であれば、
プレイしてみる価値はあると思いますね。

ランク:C(佳作)



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3
カテゴリ「2016」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3439-c22b61d4
| ホームへ戻る |