<日記> 田所広成の反省記、近況

<日記> 田所広成の反省記、近況

6月5日に、「田所広成の反省記 業界の浮雲児が見た
90年代エロゲの時代 F&C編  上巻
」が発売されました。

発売日に購入し、そのまま一気に読んでしまいました。
すごく面白かったです。

fbd11dc3-fef9-4ff7-819f-ab526496a2ea.jpg

<田所広成の反省記>


エロゲ関係書籍で、私が面白いというのは珍しいかもですが、
別に普段は辛口のつもりでいるとか、
そんなことは全然ないわけでして。
ただ単に、他の本は、関係者でもない第三者が、
よく調べもせずに書いているケースも多かったんでね、
知らなかったり、記憶が薄れている人はごまかせても、
私や私以上に詳しい人は騙されないだろって本ばかりなわけで。

他方で、この本は、PC98時代のエロゲ業界の、
まさに中枢にいた田所さんの自伝であり、
説得力が全然違うのです。
また、飲み屋で話を聞いているような、
気軽に楽しめる類の文章になっていて、本当に面白かったです。
当時を知っている人はもちろんのこと、
そうでない人も、昔のエロゲに興味のある人は、
ぜひとも読んでみることをお勧めします。

個人的にツボったのは、「あやよ化」という表現。
何かいろんな理屈を付けて高尚に語りたがる人もいるけど、
90年代後半以降のノベルゲーの増加って、
ひらたくいえば、エロゲの「あやよ化」なんですよね。

今年はアニメとかでも昔の作品が注目されたりしていますが、
エロゲでも、あやよさんの再販も予定されていますし、
今になって田所さんや長岡さんで盛り上がれるとは、
少し前までは予想もしてなかったわけでして。
世の中、本当に分からないものです。

というわけで、まぁ、凄く面白かったのは確かなんですが、
せっかくアイデスのプロデューサーだったわけですから、
田所さんが直接かかわっていない作品も、
もう少し触れてもらえると良かったかもですね。
例えば上巻の範囲だと、おそらく世間的には、
『狂った果実』の話とかしてもらえれば、
注目する人も増えたでしょうし。
個人的には、『新宿物語』がどういう経緯で出てきたのかとか、
知りたかったですしね。
(っていうか、続編は・・・ 待ってんの自分だけかもですけど。)
まぁ、自伝と関係ないと言われてしまえば、それまでですが。

田所さん本人に関することとしては、
ペンネームが多すぎて、どの作品の何を担当したのか、
現状だと情報が分散しているので、
俺が作ったゲーム一覧と、
併せて、使ったペンネーム一覧もあると、
より嬉しかったのかなと。
私は、田所さんはエロゲ史において、
欠かせない重要人物の一人と思っていますが、
いろんな名前を使った弊害で、
その功績が最近の人に伝わりきれていないと思うのでね。
ここは本当に、下巻では付け加えて欲しいです。
ちなみに、「Tお兄たんの作品年表」というのを、
めんそPさんが作ってくれていますので、
分かっている人はこれでも十分だと思うのですが、
知らない人にアピールするには、
それぞれのペンネームも添えて、
自伝に加えた方がベターなのかなと思います。

あとは、個人的に気になった細かいところは、
田所さんに直接伝えれば良いかな・・・
とりあえず、下巻も絶対買うので、
ぜひとも書いてほしいですね。

その他の感想とかは、
ちょこちょこTwitterで書いていこうかと思います。


<近況>


副業というか、本業に密接に関連した副業でもあるのですが、
私も執筆依頼が来ているわけでして。
(全然書いてないけど、そろそろ始めなければ・・・)
まぁ、真面目な実務書の一部分なのですけどね。
それに仕事上の立場も少し変わることや、
採用面接を行うこと等も相まって、
今月と来月あたりは、しばらくバタバタしています。

関連するタグ 


Summer Pockets      まおてん     シャムロックの花言葉
カテゴリ「漫画・小説・ラノベ」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3435-cb4ef64b
| ホームへ戻る |