『マクナ=グラムラとフェアリー・ベル』

『マクナ=グラムラとフェアリー・ベル』

『マクナ=グラムラとフェアリー・ベル』は、
2018年にWIN用として、
ALICE IN DISSONANCEから発売されました。

これこそが次世代の紙芝居といった感じの、
良質な作品でしたね。

RJ219119_img_main.jpg

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

【作品概要】
本作はfaultシリーズ世界で登場する童話
『フェアリー・ベル』のビジュアルノベルです。
立ち絵を使わず、ストーリーに合わせた
150点もの描き下ろしイラストのみで構成しました。
3Dカメラを駆使した多彩なカメラワークと、
切なくも優しいBGMで彩られた演出をご堪能ください。

本作はスピンオフ作品のため、fault本編のキャラクターや
あらすじの知識不要でお楽しみ頂けます。
また、本編ネタバレも含みませんので
本編未プレイの方にもオススメです。

【あらすじ】
マルベル孤児院で暮らす少女「マクナ」とその友達「セビア」。
いじわるな孤児院院長ティグラ・アンのもとでの生活はつらく、
さびしいものがありました。
それでも二人は、二人なりの楽しみを見つけては、
日々をささやかに過ごしていました。

しかし、孤児院には「10才になっても里親が見つからないと、
動物に変えられ、売られてしまう」という
逃れられない決まりがありました。

もうすぐ10才になるマクナは
奇跡の存在”フェアリー・ベル”に思いをはせます。
つらい境遇にある子ども達を永遠の幸せの地
”エンレス・ランド”へいざなうフェアリー・ベル。
彼女が心からベルのことを信じ、救いを求めたとき、
奇跡は起こりました。
「待たせてごめんなさい、マクナ。助けに来たよ。」
そう言ってベルはマクナを
永久の幸せが約束された場所エンレス・ランドへと導きます。
「永遠にオトナにならないこと」を条件に―――

<感想>


おそらく、あまりゲーム歴の長くない人が、
この作品をプレイした場合、
「通常のノベルゲームとは異なり~」
という表現を使うのではないでしょうか。
ただ、それは正しくもあり、
また同時に正しくないのでしょう。

これまでにいろんな記事で書いてきましたが、
ノベルゲームは80年代から存在します。
紙芝居なんて言われ方も、80年代から存在するのであり、
それは客観的な事実なのです。

まぁ、ドラクエで初めてRPGに触れた子供が、
RPGの元祖はドラクエと言い出したり、
ポケモンで初めてRPGに触れた世代が、
ポケモンがRPGの元祖と言い出したり、
そういう自分が初めて触れた作品を元祖と言い出すのは、
いつの時代も、どの分野でもあることでして。
だからノベルゲームについても同様に、
サウンドノベルで初めて触れた世代や、
ビジュアルノベルで初めて触れた世代が、
それぞれ元祖と言い出すことも、
分からないではないのですが、
事実としては、それより前から存在していることは、
疑う余地もないことなのです。

そして初期のノベルゲームは、
それこそ紙芝居と揶揄されるように、
一枚絵主体の構造であり、
だからこそ紙芝居に例えられるのでしょう。
しかし、近年のノベルゲームをろくにプレイせず、
ネット上で昔のイメージだけで語る人なんかは、
今でも紙芝居なんて言っていますが、
実際にプレイしている人からすれば、
紙芝居ではなく、人形劇じゃね?って疑問は、
誰しも持つはずです。
そして、そう思うのは、当然です。
当初は紙芝居のような構造だったノベルゲームは、
ゼロ年代以降、一枚絵軽視・立ち絵重視にシフトし、
人形劇のような構造に変わったのですから。
汎用性のある立ち絵を使いまわす方法は、
コストを削減することができます。
アイデア勝負の中小ブランドにとっては、
低予算でゲームが作れるわけですから、
非常に便利な方法と言えるのでしょう。
したがって、立ち絵重視の手法を、
一概に否定するつもりはないのですが、
本当にストーリーを盛り上げるグラフィックを用意したいなら、
立ち絵の使いまわしではなく、
その場面その場面に即した一枚絵を、
ふんだんに用いるべきなのです。
そういう意味では、個人的には、
ノベルゲームが立ち絵重視に変化したことについて、
間違った方向に進んでいるように感じられ、
大きな不満があったものです。

本作は、立ち絵を廃し、
一枚絵と演出により全てを表現しています。
つまり、人形劇ではなく、紙芝居なのです。
だから人形劇になってからのノベルゲーしか知らないと、
「通常のノベルゲーとは異なり~」という表現になるのですが、
昔を知っていると、ある意味原点に戻ったとなるのです。
例えるならば、推理小説でいうところの、
社会派とかの流行の後に出てきた、
「新本格派」といったところでしょうか。

もちろん、本作は、単に原点回帰したのではなく、
今の最新の技術で作られ、
豊富なグラフィックと演出により、
昔の紙芝居から大きく進化したものとなっています。

紙芝居、紙芝居と、安易に用いる人は多いけれど、
本当の紙芝居ゲーがどういうものなのか、
あなたは分かっているでしょうか。
百聞は一見に如かずといいます。
紙芝居と人形劇の違いを言葉で説明しても、
なかなか伝わりきらないところ、
最近は違いを示せる良い例もありませんでした。
本作は、たった500円でその違いを理解できるわけで、
それだけでも、意義があるというものです。

なお、ストーリーに関しては、普通ってとこですね。
良くも悪くも童話って感じです。
ボリュームも少ないし、テンポも良いので、
最後まで一気に読めるとは思います。
だから普通には楽しめるのですが、
特別面白いってものでもないというところでしょうか。

<総合>


総合では良作としておきます。

この作品を作る時間があるのなら、
faultシリーズの新作を早く出せよ、
いつまで延期するんだよ~という気はしますけどねw
その辺で少し複雑な気分ではありますが、
本作自体は現代型紙芝居の形を示したという点で、
十分に意義のある作品だと思います。
一枚絵重視にすることで、絵本感が増し、
童話という内容にもマッチしていますし、
雰囲気も良い作品です。
名作というには、もう一つパンチが欠けているのですが、
上記のとおり、500円で違いを理解できるという、
貴重な作品ですからね。
ノベルゲームの構造自体に興味のある人には、
ぜひともプレイしてもらいたい作品ですね。

ランク:B(良作)

マクナ=グラムラとフェアリー・ベル

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3
カテゴリ「2018」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3431-81fcc400
| ホームへ戻る |