人形の館

人形の館

『人形の館 淫夢に抱かれたメイドたち』は2002年にWIN用として、
アトリエかぐやから発売されました。

ゲームジャンル:ノベル系ADV
属性:館 抜き

もともとかぐやのキャラデザは好きだったのですが、
本作は特にエロイと評判だったので、
それで購入を決めた作品でした。

アトリエかぐやはエロ方面ではすっかり有名なわけで、
この方面に関しては大手中の大手だと思います。
でも最近は賛否分かれるのも多いことから、
どちらかというと世間での評価は、
ゼロ年代前半の方が高かったように思います。
そのアトリエかぐやの出生作というか、
一気に人気ブランドに押し上げたのがこの作品でした。

まぁ元から私は絵が好きだったのですが、
最初の頃は痴漢系ゲームとかが多かったので、
私はまだしも一般受けはしなそうな作品が多い傾向にありました。
それが本作はノベル系で、しかも館モノのメイドモノなのですから、
興味を持つ人が増えたのもわかる気はしますね。

そういうわけで、世間一般での評価は高いので、
この年の抜きゲーの代表作をプレイしたいのであれば、
この作品をオススメします。
以後のかぐやのゲームにも通じるのですが、
この時点でも既に表れていますからね。

ただ、世間での評判とは反対に、私はあまり楽しめませんでした。
ストーリーはいまいちだし、肝心のエロにしても、
館モノやメイドモノとしてのシチュを活かしているとは思えず、
エロさを感じられなかったのです。

世間での評判は良くても自分と合わないブランドは誰しもあるでしょうが、
私にとってはゼロ年代前半の、特に本作以降のかぐやがそれでした。
何が良いのか、さっぱり分からなかったのです。
本作はその象徴だったんですよね。

とは言うものの、今ではすっかりかぐやが気に入っています。
ゼロ年代後半に入ると明らかにこれ駄目だろってのもあるのですが、
エロさとシチュを上手くマッチさせた作品が幾つかあって、
ツボにくるゲームが増えたんですよね。
こういうことがあるから、先は分からないんですよね。

ランク:D-(凡作)

関連するタグ WIN /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2002」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/343-4843f237
| ホームへ戻る |