<ゲーム雑記> テキスト欄の文章量について

<ゲーム雑記> テキスト欄の文章量について

ADVやノベルゲームの、テキスト欄の表示について、
最近疑問に思うことというか、
そもそも一文表示って、いつからデフォになったんでしたっけ。

テキスト欄


ADVもノベルも、どっちもそうなのですが、
MYST系やインタラクティブムービーを除けば、
大抵の作品は、テキスト欄の文章を読む時間が大半です。

このテキスト欄、80年代のADVとかだと、
3~4行が表示されていました。
もっとも、演出重視の作品とかは別ですが、
文章を読ませることが中心のPCゲーとかでは、
6~7行とか、もっと多い文章が、
テキスト欄に表示されていました。

シナリオ中心になればなるほど、
一画面内の文章量を増やし、その情報量を増やすというのは、
極めて自然な行為だと思います。
そしてその極端な例が、サウンドノベルになるのでしょう。

サウンドノベルの場合、一番重視していたのは効果音であり、
グラフィックは重視していませんでしたので、
画面全体をテキストで覆うなんて手法でも大丈夫でした。
しかし、キャラが大事な作品では、そうはいきません。
二次元のキャラの絵の上全体をテキストで覆うという、
いわゆるビジュアルノベルも、名前だけ残りはしましたが、
その構造は絶滅に近い状態になっています。
アリスの『ドクターストップ』や、トップキャットの、
『メッセンジャーフロムダークナイト』のように、
画面の上から下まで文章を表示したいのであれば、
左右のどちらかにキャラを配置できるスペースを置くのが、
おそらく正解なのでしょう。

各社、いろんな配置で試行錯誤した時代もありましたが、
結局、考えることを諦めたのか、
普通の昔ながらのADV画面に戻り、定着し、現在に至ります。

ただ、昔ながらのADV画面を用いるのであれば、
一画面に3行くらい表示して構わないはずです。
現にテキスト欄の幅を見れば、それくらいの余裕がありますし。
しかし、いつ頃からか特に意識していなかったので、
時期は分からないのですが、
とりあえず今のノベルゲーを見ていると、
テキスト欄に一文しか表示されていません。
一文が長ければ二行になることもありますが、
一文が短いと、一行で終わり、その頻度も高いです。

つまり、80年代のADVと比較して、
一画面内の文章量と情報量を増やそうとしたのが、
サウンドノベルやビジュアルノベルであるところ、
80年代のADVよりも文章量等が減った現在のADVは、
サウンドノベルやビジュアルノベルとは逆のベクトルであり、
ビジュアルノベル等の特徴・思想を受け継いでいないのです。

日本のRPGをJRPGと称するように、
主に外国人が日本のADVをなんでもかんでもVNと書くので、
最近はなんだか紛らわしくなっていますけどね。
VNの特徴を受け継いでいないものに対してVNと呼ぶことは、
私は非常に違和感があるのですが、
日本のADVの歴史を知らない外国人に、
そういうことを言っても意味がないのでしょうね。

話が少しそれてしまいましたが、言いたいことは何かというと、
読ませる作品を作るのであれば、
一画面内の文章量や情報量を増やすべきだし、
テキスト欄もそれに合わせるべきだということです。

ノベルゲームも、昔は紙芝居なんて言われていましたが、
今はむしろ人形劇に近いです。
演出にこだわりを持ったブランドなんかは、
セリフが変わるたびに立ち絵を動かしています。
そういう演出重視で、地の文が少ない作品であれば、
テキスト欄に一文しか表示されないのも納得できます。
文章が変われば、立ち絵も変わるわけですからね。
その場合、グラフィックをより多く見せるため、
テキスト欄の幅を減らすべきなのでしょう。
現に、テキスト欄の範囲を、
セリフに応じて変えているブランドも、幾つかあります。
それをしないブランド、
すなわち、どうせ1行か2行しか表示されないのに、
3行も4行も表示できそうな欄を設けているブランドは、
少し工夫すべきだと思うのですよ。

他方で、演出重視ではなくて、シナリオ重視だという場合、
もっと一画面内に表示する文章を増やすべきです。
地の文であるとか、立ち絵の動きを伴わないシーンとか、
結構ノベルゲームには多いわけで、
その状況下で、一文しか表示されないのは、
あまりにも間抜けな光景というか、
何も考えなさすぎとしか思えません。
前に表示された文章と、今表示されている文章とで、
画面を分ける必要があるのかと疑問に思ったことは、
数えきれないほどあります。
ユーザーに読んでもらいたいはずなのに、
情報量を減らして、クリック数だけ無駄に増やして疲れさせて、
一体何のメリットがあるのでしょうか。

ノベルゲーの大半はエロゲであるところ、
グラフィックも重要なエロゲにおいて、
画面全体をテキストで覆うなんて行為は、
それはそれで思考停止のナンセンスな行為だと思います。
しかし、そうはいっても、今のエロゲ、
あまりにデッドスペースが多いようで、
もう少し表示方法に工夫が必要なんだと思います。
訓練された歴戦のエロゲユーザーには、
もう慣れてしまって、そういうものだと思い込み、
そんなの気にしないって人もいるかもしれませんが、
ノベルゲーに不慣れな人や新規の人を獲得するには、
今のノベルゲーには不自然な部分があるということは、
認識すべきだと思うのです。

ノベルゲーの基本システムは完成されたとかいい、
汎用システムを使いまわし、
作品ごとに合わせた作りを放棄する姿勢を是認する風潮こそが、
私は最大の悪だと思うんですよね。

関連するタグ 


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「コラム」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3427-f767cdff
| ホームへ戻る |