『僕に抱かれ喘ぐ妻は、他の男に抱かれた話を紡ぐ』

『僕に抱かれ喘ぐ妻は、他の男に抱かれた話を紡ぐ』

『僕に抱かれ喘ぐ妻は、他の男に抱かれた話を紡ぐ』は、
2018年にWIN用として、ANIM.teamMMから発売されました。

良質な寝取らせ(NTS)ゲーでしたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
バツイチの深川賢一は仕事で出会った女性、
佳乃と一年の交際の後に再婚する
でも賢一は、前妻の浮気現場の目撃で、
知らずに寝取られ属性が開花していた
それを自覚するようになると、
悩んだ末に賢一はネット掲示板で相談することに
自分だけではないのだと、
スレッドの返答に心が軽くなっていく賢一
そしてスレッドの流れは、
妻をどう他人に抱かせるかの話になっていく
やがて方法が具体的になり、賢一は本気になっていく
いよいよ妻に話をする決意をする賢一
そして話を聞いた妻の反応は――
ここから妻への
寝取らせの説得が始まる……

<感想>


似て非なるものを、どれだけの人が理解できているのか・・・
寝取られ(NTR)と寝取り(NTL)と、
寝取らせ(NTS)は、一見すると似ているようですが、
全然異なるものです。
NTRとNTLなんかは、
そもそもベクトル自体が正反対なのですから、
もっと違うものという認識が浸透しても良さそうなものですが、
必ずしもそうでもないようでして。
これがNTSとなると、NTRと重なる部分もあるので、
より一層混同されがちです。
まぁ、ユーザーが混同して批評している分には、
読み飛ばせば良いだけですし、
販売店が混同して販売していることについては、
知らない人に誤解を与えるという意味では迷惑ですが、
少なくとも自分で調べて購入する分には無害といえるでしょう。
そうなると、一番問題なのは、
製作している人が混同していることにより、
各属性の良さを理解できていない場合になります。
各属性の良さや違いを理解できていないと、
良い作品なんて生まれないですからね。
そういう意味では、
寝取らせの魅力を理解しきれていない作品が多い中、
本作のライターは寝取らせであることをきちんと意識し、
寝取らせの魅力をしっかり描けているように感じました。
それだけで、本作は成功といえるのでしょう。

さて、NTRは主人公の知らないところで事が進みますから、
主人公が受動的で動かなくても、存在感がなくても、
特に違和感はないのでしょう。
しかし、NTSの場合、それではダメなわけでして。
主人公が能動的に妻等を誰かに抱かせるのですから、
主人公が動かなかったり、存在感がなかったりすると、
どうしても作品に魅力が生まれないのです。
だからある程度主人公をしっかり描く必要があるところ、
本作はその点がきちんとできていたんですよね。

それから、本作のヒロインは、
夫である主人公のことが好きで、それが一貫しています。
そのため、全体的にも、恋愛ゲーのような、
暖かい雰囲気が漂っています。
こういう作品は、NTRだけが好きな変態紳士には、
あまり好まれないでしょう。
ハードな展開のズタズタに裏切られるのに興奮する人には、
本作は生ぬるく見えるかもしれません。
でも、それは作品の出来不出来とは関係なく、
単純に性癖の違いでもあるわけでして。
自分の大事な人が他人に抱かれる姿には興奮するけれど、
でもあくまでも主人公とヒロインの間には、
深い愛情と絆があるのが好きな人もいるわけで、
そういう人に向いているのは、
NTRではなくNTSなのであり、
ハードなNTRをプレイするよりも、
本作の方が興奮できると思います。
つまり本作は、
ディープなNTR好きに向いた作品ではないですが、
NTS好きなら楽しめるであろう要素、
重視すべきポイントをきちんとおさえた作品なのです。
そのため、NTS好きであれば、
まず楽しめる作品といえるのでしょう。

しいて問題点を挙げるとするならば、
手堅くポイントはおさえてあるものの、
斬新さであるとか、
もう一つ突き抜けた部分がなかったことでしょうか。

なお、本作はANIM系の作品ですので、
いわゆる抜きゲーと呼ばれる作品の中でも、
グラフィックは良くできています。
Hシーンはアニメーションで動きますし、
立ち絵もE-moteで動きますしね。
一枚絵だけ少し寂しいかなと思った時期もありましたが、
昨年あたりから一枚絵の向上も見られ、
アップの画面と引いた画面を上手く使い分け、
本作でも更に良くなっております。

<総合>


総合では良作といえるでしょう。

ややインパクトに欠けるところはあるものの、
このジャンルが好きな人であれば楽しめる、
とても丁寧に作られた良質な作品だと思います。
寝取られじゃないんだ、俺は寝取らせが好きなんだと、
そう思っている人は、
このジャンルの良い作品自体少ないこともありますから、
本作をプレイすることをおすすめします。

ランク:B(良作)





DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Summer Pockets      まおてん     シャムロックの花言葉
カテゴリ「2018」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3424-e129fe8b
| ホームへ戻る |