『メルヘンパラダイス』

『メルヘンパラダイス』

『メルヘンパラダイス』は1990年にPC88用として、
グレイトから発売されました。

童話をモチーフにした作品でしたね。



<概要>


ゲームジャンルはコマンド選択式ADVになります。

あらすじ・・・
ごく普通の高校生である主人公がある日、
通学路の途中の空き地にある土管をのぞくと、
その中に引き込まれてしまいます。
そして気が付くと、そこは童話風の異世界であり、
主人公は世界を支配しようとする魔王を倒すべく、
旅に出ることになるのでした。

<感想>


何かをモチーフにしたり、
何かのオマージュだったりする作品は、
アダルトゲームではわりとよくあることです。

もっとも、その対象については、
流行や偏りが結構あるように思うわけでして。
たとえば童話を題材にした作品は、
現在は女性向けの作品では頻繁に見かけるのですが、
男性向けではあまり見かけません。

じゃあ、男性向けで童話を用いた作品がないかというと、
決してそういうわけでもなく、
PC88やPC98の時代には見かけることもあり、
本作もまた、その中の1本になります。

具体的には、上記のとおりであり、
主人公には一応目的があるのですが、
あまりその辺は気にしなくて良いかもですね。
むしろ、白雪姫だの、シンデレラだの、
童話に出てくる女性をモデルにしたヒロインたちと、
あちこちでHをする作品なのだと、
そういう認識の方が良いと思います。
また、作品全体の雰囲気としては、
明るい感じの作品になりますかね。

<総合>


総合では佳作としておきます。

これはこれで楽しめる作品ではありますし、
この時期らしい雰囲気を持った作品でもあると思います。

ただ、これは前後を知らないと分からないかもですが、
本作を発売したグレイトは、前年である89年には、
80年代屈指のシナリオゲーとして有名な、
『イミテーションは愛せない』とか、
選ばれなかったヒロインの存在について問題提起を行った、
時代を先駆けた意欲作の『トワイライトゾーン3』など、
名作や意欲作を連発していましたからね。
グレイトは、当時のエルフやバーディーのように、
可愛く綺麗なCGがあるわけではないので、
一般的な人気や知名度は高くなかったかもしれません。
しかし、絵や売上にとらわれることなく内容で判断する、
今でいうシナリオ重視ユーザーには、
要注目のブランドだったわけでして。
本作は、そうした状況の中で発売された作品、
すなわちハードルが高くなった中での発売であり、
そうなると、どうしても物足りなさを感じてしまうし、
ブランド内における優先順位も、
低いものとなってしまうのでしょうね。

ランク:C(佳作)



関連するタグ PC88 /ADV /コマンド選択式 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「1990」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3423-f7907a50
| ホームへ戻る |