『ZAPPINK』

『ZAPPINK』

『ZAPPINK』は1993年にMAC用として、
KUKIから発売されました。

タイトルからも想像できるように、
ザッピングを扱った作品でしたね。



<感想>


この作品、ソフト自体はまだ持っているものの、
現在はMAC用のソフトを動かす環境が手元にないため、
もう細かいことは思い出せません。
したがって、なんとなく覚えていることをもとに、
話をすすめたいと思います。

さて、私は実写のAV業界には詳しくないのですが、
KUKIというのはAV業界では有名なところだったみたいでして。
そのKUKIが1993年に、
アダルトゲーム業界に参入してきます。
後のWIN95ブームの頃にも、
実写のアダルトCD-ROMは多数発売されましたが、
AVのダイジェストのようなものが多く、
確かにソフトウェアではあるものの、
ゲームとはいえないものが多かったです。
しかし、これはアダルトゲーム全般に言えることですが、
ゲームは常に全ての面で進化しているわけではなく、
ある面では進化していても、ある面では退化することも、
よくあることなのです。
二次元のエロゲも、CGの色数やボリュームは増えましたが、
ゲーム性やストーリーの多様性は、
ゼロ年代以降なくなっていく一方ですしね。
同様に、実写エロゲに関しては、
後の作品は高画質で大ボリュームにはなりますが、
ゲームとしての独創性などは、
実はKUKIなどが参入したての頃の方があったのです。

KUKIは、当時先端だった、
インタラクティブムービーを幾つも製作しています。
本作も、広義ではインタラクティブムービーなのでしょうが、
他作品がヴァーチャルリアリティを模索したのに対し、
この作品では、ザッピングに挑んできました。
具体的には、3人の女優のからみに対し、
それぞれ用意され流れている複数の動画を、
切り替えてみることができるのです。
これにより、普通のAVでは見ることのできないような、
CD-ROMとPCだからこそできる、
新たなエロの可能性を追求したのでしょう。
AVでやれないからこそ、PCでやるわけで、
そういう姿勢は、私の非常に好むところでもあります。

さらに細かいことを言えば、
そもそもザッピングというのは、
元々はゲーム用語ではないのでね、
その言葉自体には特に意味はないのかもしれません。
ただ、ADVにおけるザッピングシステムって、
その構造自体は80年代からあるものの、
なかなか言葉が浸透していなかったわけでして。
理由を挙げるとするならば、
PCゲーはそもそもPCを持っている人自体が稀で、
浸透するも何もあったものじゃないって感じで、
ゲーム機のゲームに関しては、
ユーザーの大半が子供であり、
細かいシステム名まで気にする人が少なかったと、
おそらくそういうところなのでしょう。
アダルトゲームにおいても、
それこそ95年のEVEバーストエラーとか、
その辺の作品が出てきたことで、
ザッピングとは何ぞやという意識が、
ユーザーの中に生まれたように思います。
ただ、EVEバーストエラーとかの有名作の多くが、
マルチサイトとザッピングを併用した構造であったことから、
大分後になっても、両者を混同している人が多かったわけで。
そのようなシステムですから、
93年のこの時点でメインに据えて、
タイトルもそういう風にしたということが、
どれだけ時代を先駆けていたか、
容易に想像できるのではないでしょうか。

<総合>


総合では、良作としておきます。

この時期のKUKIは、新時代に向けて、
様々な挑戦をしていました。
今のエロゲユーザーの大半は二次元にしか興味がなく、
エロゲの歴史に注目する人も、多くは二次元にだけ注目するため、
そのために、こういう作品の存在は忘れられる一方ですが、
実写エロゲだって、意欲的な作品は存在したのであり、
アダルトゲーム史を振り返るうえでは、
絶対にかかせない事情といえるように思うのです。

ランク:B(良作)



関連するタグ MAC /ADV /インタラクティブムービー /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3421-9c65cb3d
| ホームへ戻る |