『雪子の国』

『雪子の国』

『雪子の国』は2017年にWIN用として、
スタジオ・おま~じゅから発売されました。

雰囲気の良い作品でしたね。

yukikop.jpg

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

商品紹介・・・
山陰の怪談って知ってる?
でるんだってね。
キリンの国、みすずの国の続編、雪子の国。
舞台は風光明媚な地方城下町。
そこでは不可解な連続怪奇事件がおこっていた。
夜な夜な屋根にのぼる、少女の霊。
神社に灯る、狐火。
人を取り込む、峠の魔。
五十年前の神隠し。
全ての謎は、一つのメッセージへと帰結していく。
「俺たちで謎を解き明かそうぜ!」
東京の少年ハルタと天狗の少女雪子がおくる、
青春ハートフルラブコメディ+地方都市ミステリー!
やがてくる冬は、最後の冬になる。
少年と少女でいられる最後の時を、鮮烈に駆ける、
今を生きる物語。

<感想>


国シリーズの3作目。
直接ストーリーがつながっているわけではないので、
過去作をプレイしていなくても、
本作を楽しむことはできます。
ただ、過去作をプレイしていた方が、
世界観など、愛着は深まり、より楽しめるのでしょう。
・・・というか、フリーである過去作や、
本作の体験版をプレイして、それで自分に合うと感じた人が、
この作品をプレイするのであり、
世間での評判にしても、過去作や体験版等を経て、
自分は楽しめると考えた人の感想と考えた方が良いでしょう。
詳細はこの後書きますが、
作品全体としては人を選ぶと思いますから。

さて、本作の特徴は幾つかあるのですが、
まずはストーリーの良さが挙げられるのでしょう。
ジャンルとしては、ジュブナイルというか、
怪奇事件を追っていくうちに、
様々なキャラたちが成長していくわけで、
これは単純に読んでいて良かったです。
ただ、このシリーズ全体という観点からは、
天狗の国という設定からくる世界観の良さもあるので、
その点がプラスにもなりえるのですが、
本作に限ってみるならば、
あまり天狗の国が活かされていなかったのかなと。

次に、本作の魅力として、テキストが挙げられます。
キャラを深く掘り下げ、とても丁寧に描かれており、
テキストを大事にする人ほど、楽しめるように思います。
まぁ、私はシナリオ重視ですなんていう人には、
とりあえずこれやっておけとは言いたくなります。

ただ、それだけに、展開は遅めです。
ジャンルの関係上、仕方ないのかもしれませんが、
ゲーム序盤から目的がハッキリしているわけでもないので、
話に入っていくのに時間がかかります。

もちろん、それは程度の問題でもあり、
これだけだったら、特に気にならなかったかもしれません。
そこにシステムの問題も加わったことから、
少し厄介になっていくのです。
というのも、本作は同人ゲームなのですが、
その中でも、システム周りは悪いです。
なんか20年くらい前の作品をやっているようなんですよね。
同人しかしない人とかだと、感覚がマヒしていて、
あまりわからないかもしれませんが、
商業のPCノベルゲーに慣れていると、
かなりストレスがたまってしまいます。
作者は、演出等も考えて作っているのですが、
そのことで、より強いられたようなプレイになってしまい、
作者の波長とプレイヤーのそれとがずれてしまうと、
苦痛になってしまうおそれがあるのです。

ところで、本作の魅力はテキストにあると書きましたが、
実のところ、テキストだけというよりは、
グラフィックや演出、サウンドなどが相まって、
全体として魅力を生み出すタイプの作品だと思います。
だからひと言で説明すると、雰囲気の良い作品になると。

グラフィックも、立ち絵の変化も豊富であり、
作者の意気込みが凄く伝わってきます。
その点を重視する人ならば、より楽しめるでしょう。
しかし、絵そのものの質や塗りは、
決して高水準とはいえません。
サウンドも雰囲気は良いけれど、音声はありません。
つまり本作は、テキストや絵やサウンド等が相まって、
その相乗効果で魅力を生み出す作品であり、
その事実は確かであるとしても、
その一方で、絵やサウンドやシステムからは、
昔のゲームかと思わせるような古臭さを感じてしまい、
そのために作品全体の魅力にも制限がかかってしまうのです。

この製作者にはシナリオと総監督だけを担当してもらい、
もっと豊富な資金のもと、
優れた原画やプログラムが用意できれば、
きっと素晴らしい作品になったことでしょう。
その点が、非常にもったいなかったです。

<総合>


総合ではギリギリ良作としておきます。

合う人には合う作品だと思いますし、
とにかく丁寧なテキストを重視するのであれば、
おすすめできる作品だと思います。
その一方で、それ以外の部分がですね、
ちょっと矛盾したような表現になってしまいますが、
その他の要素の相乗効果でテキストの魅力を増しつつも、
同時に作品全体の魅力も大きく削いでしまっているわけでして。
個人的にはマイナス部分が気になってしまったのと、
もう少し良い環境で本作が出せたらなと、
このライターに存分に力を発揮できる環境を、
誰か用意してあげてよ、
そうしたら名作ができあがるからと、
もったいなく思った作品でした。

ランク:B-(良作)

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3
カテゴリ「2017」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3416-45fe541a
| ホームへ戻る |