『アニメフリークFX vol.1』

『アニメフリークFX vol.1』

『アニメフリークFX vol.1』は、
1995年にPC-FX用として、
NECホームエレクトロニクスから発売されました。

ゲームであるかどうかはさておき、
PC-FXがどういう機種であるかを明確にさせた点で、
非常に意義のある作品でしたね。



<概要>


収録内容・・・
特集 「赤ずきんチャチャ」フリーク
オリジナルアニメ「プライベート・アイ・ドル」
アイドルフリーク:リリスfrom女神天国
ヴォイスフリーク:氷上恭子
データフリークス:PC-FXのゲームと女性声優のデータベース
ミニゲーム:恭子ちゃんとジャンケン!
フリークスニュース:編集後記

<感想>


一応これ、ディスクマガジンとかの類になるのでしょうか。
まぁ、ほとんど動画なので、
マガジンという感じではないですけれど。

このシリーズは、95年から98年にかけて、
全部で6作が発売されました。
シリーズの向性としては、
アニメーションと声優に力を入れていましたね。

ところで、同じゲーム機の中では、
ソフトの値段はあまり変わらないかもしれませんが、
家庭用ゲーム機の初期の作品って、
それと同時にそのゲーム機を買う場合もありますから、
また違ったことも考えてしまうのが人間なんだと思います。
つまり、面白い作品に当たれば、
あぁ~このゲーム機を買って良かったなと思えるし、
逆につまらない作品だったりすると、
失敗したな~もっと他の作品が増えて、
本体価格も下がった頃に買えばよかったと、
そのゲーム機をその時期に買ったこと自体についても、
考えてしまうと思うのです。
そして、ユーザーに、
あぁ、このゲーム機を買って良かったと思わせられたならば、
その作品は形式は何であれ成功なんだと思います。
そういう意味では、このシリーズ、
特にこの1作目は、間違いなく成功と言えるのでしょう。

94年って、実に多くのゲーム機が発売されました。
PS、SS、PC-FX、3DOなどですね。
ちなみに私は、それらは全部買いました。
まぁ、2年後のピピンアットマークだけは、
結局買わなかったですけど。

さて、ゲーム機が一杯発売されたは良いけれど、
各機種で何がどう違うのか、
それをきちんと理解している人は稀だったと思いますし、
ハード供給側にしても、
この機種ならこれができるというのを、
最初の段階できちんと示すことは、
なかなかに難しいことだったと思います。
そんな中でPC-FXは、わりと早い段階から、
PC-FXでは何ができるのか、他の機種とどう違うのかを、
きちんと示していたと思いますし、
その一つの形が本作なのでしょう。
具体的には、動画再生能力、特にアニメーションですね。
これに関しては、PC-FXが一番だったわけで、
本作を体験しただけでも、
PC-FXがどういう機種なのかを理解できると思いますし、
アニメーション等を重視する人であれば、
PC-FXを買って良かったと思えたことでしょう。

上記のように、本シリーズでは、
アニメーションと声優に力を入れています。
私は、声優が直接出てくることには、
今でも少し抵抗があるくらいでして。
声優は顔を出さずに、裏方に徹してくれないかなと、
実は今でも思っているんですよね。
なので、声優特集については、あまり興味がなかったのです。

他方で、本作には、
『プライベートアイドル』のアニメが収録されています。
このアニメの出来がとても良くて、
OVAとして単体でもいけるくらいでしたし、
ゲームの『プライベートアイドル』が大好きだっただけに、
これだけでも十分に元が取れたと思っています。

<総合>


厳密にはゲームではないので、
ランクを付けないでおこうかと思ったのですが、
一応良作としておきます。
ゲームではないかもしれないけれど、
一本のソフトとして十分な意義があったことには、
違いはないですからね。

『プライベートアイドル』のアニメが収録されていたのは、
シリーズ3作目まででしたので、
私はこのシリーズを3作目までしか見てません。
当時は、その後の作品に興味が持てなかったのですが、
今になって最終巻とかどうなっていたのかなとか、
少し気になってしまいますね。
機会があれば、いつか全部揃えてみたいものです。

ランク:B(良作)



関連するタグ PC‐FX /


Summer Pockets      まおてん     シャムロックの花言葉
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3414-6204b09a
| ホームへ戻る |