『見上げてごらん、夜空の星を』

『見上げてごらん、夜空の星を』

『見上げてごらん、夜空の星を』は2015年にWIN用として、
PULLTOPから発売されました。

天文部を題材にした本作も、
演出の良さが際立っていましたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
どこへでも行けるって思ってた。
宇宙の謎を全て解き明かすことだって、
手を伸ばせば、あの星を掴むことだってできる、
そう思ってた――
子供の頃、幼なじみたちと毎晩のように星を観ていた宙見 暁斗。
天体望遠鏡の先に浮かぶ無数の光に、胸を躍らせていた。
それはまるで、銀河を旅するような日々だった。
だがしかし、成長した暁斗は
『星を観ない天文部員』と呼ばれるようになっていた。
やめてしまったのだ、夜空を見上げることを。
そんな彼のもとへ、『むつらぼしの会』への参加要請がくる。
暁斗は、断るべく会いに行くが、
そこで思いがけない再会をする。
どこか遠くへ引っ越していったはずの幼なじみ、
帚星 ひかりがいたのだ。
いつも傍にいてくれた、もう一人の幼なじみ、天ノ川 沙夜。
むつらぼしの会復活を望む他校の先輩、白鳥 織姫。
そして、暁斗を慕う後輩の日下部 ころな。
別れと再会、新しい出逢いを経て、
再び夜空を見上げるようになった暁斗は、取り戻していく。
もう二度と戻らないと思っていた、大切な想いの数々を。
そして知っていく。未だ出逢ったことのなかった、特別な夜を。
「さあ、銀河の謎を解き明かすべく、
次なる目的地へ向かおう!」
仲間たちと宙を見上げ、星々を巡りゆく青春の日々が、
また始まる。

<感想>


元々このブランドのファンというでもなかったのですが、
『この大空に、翼をひろげて』(ころげて)をプレイして、
それ以降気になりだしたんですよね。

まぁ、「ころげて」そのものに関しては、
設定面で気になった部分もあり、
今読み返してみると、記事ではわりと辛口になっています。
でも、それは別の作品ですぐに解消できるものであるし、
他方で、このブランドの持つ演出の良さというのは、
他の作品でも活きますからね。
だから次の作品に期待していたわけです。

そんな中で発売されたのが、本作でした。
細かくみれば、「ころげて」と力の入れどころは違うのですが、
大雑把に広くみると、同系統の作品ともいえるのでしょう。

相変わらず演出は良かったですし、
特に題材が天文観測ということで、
持ち味も十分に発揮できていたと思います。

確かに、部活動を通した盛り上がりという点では、
「ころげて」の方が上だと思います。
同系統の作品で、先に出た「ころげて」の方が、
盛り上がる部分は盛り上がるので、
「ころげて」が好きであればあるほど、
本作が「ころげて」の劣化版に見えてしまうおそれもあり、
その点で好き嫌いが分かれる可能性は十分にあります。
たぶん、一般的にも、
「ころげて」の方が人気はあると思いますし、
「ころげて」ファンにはおすすめしにくい作品でもあります。

ただ、私のように、
「ころげて」に違和感を覚えてしまったような人だと、
それがなくなった分だけ本作の方が楽しめるのかなと。

あとは、部活動ってよりも、
幼馴染という属性に反応するような人だと、
より一層楽しめるように思いますね。

<総合>


総合では良作としておきます。

本作ならではの要素とか、個性とか、
ややパンチに欠ける面はありますが、
ほぼすべての面で水準以上ですし、
安心して楽しめる良い作品だと思いますね。

まぁ、このブランドの作品に関しては、
優先度としては「ころげて」が先かなと思いますので、
未プレイの人は、そっちを先にプレイした方が良いです。
あとは上記のとおりで、
私みたいなタイプの人は本作も楽しめると思います。

ランク:B-(良作)





ダウンロード版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Summer Pockets   きゃんきゃんバニープルミエール3     シャムロックの花言葉
カテゴリ「2015」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3410-5feddd32
| ホームへ戻る |