DISCODE Surface

DISCODE Surface

『DISCODE Surface』は2004年にWIN用として、
ソフトさ~くるクレージュから発売されました。

同人ゲームの底力を見せられた作品でしたね。
ジャンル:コマンド選択式ADV 属性:ぶっかけ 乱交

DISCODE Surface

2004年という年は、
久しぶりに同人ゲームに良作の多かった年だと思います。
今ではすっかり有名な『ひぐらしのなく頃に』もこの年だし、
以前紹介した『愛慾のエプロン』もそうです。
他にもいろいろあるかとは思いますが、
その中にあって完成度の点で一番優れていたのは、
おそらくDISCODE Surfaceなんじゃないかなって思います。

基本はコマンド選択式のADVなのですが、
アイテムの使用などの要素も数多くありましたし、
単純にゲームとしても良く出来ていたかと思います。

それに加えて、DISCODE Surfaceはボリュームも結構ありました。
同人ゲームの多くはボリューム面がネックですからね、
DISCODE Surfaceはそこが大きく違ってたのです。
低価格でフルプライス並のボリュームってのは、
それだけでも大きなアドバンテージになるかと思われます。

またボリュームがあっても、ひぐらしなんかは音声がありません。
それに対しDISCODE Surfaceでは、
レベルの高いしっかりとした音声もついてきます。
抜きゲーでは音声は必須だとは言え、
低価格の同人ゲームでボリュームと音声を両立させたのは天晴れですね。

物語の内容的には、大雑把には抜きゲーになるのでしょう。
それだけと言ってしまえばそれだけなのですが、
題材とした乱交のような複数によるプレイと、
濃密なぶっかけ描写には並々ならぬ情熱が注がれていました。
こういうのが好きな人は少なからずいるとは思いますが、
属性を持っている人にはたまらない作品でしょうね。

特に精液の量を自分で調整できるというのは、
こだわりのある人には願ってもないシステムだったでしょう。

このシステムに伴い、
CGの枚数も同人ではありえないくらい多くなっていました。
個々の質も高かったですし、
グラフィック面でも十分に凄いと言えるでしょうね。

残念ながら、私はDISCODE Surfaceが狙っている属性は、
ことごとく持ち合わせていませんでした。
なので、主観的にはあまり楽しめたとは言えないかと思います。
でも上記のように、どの要素も同人としては別格な完成度です。
この点で判断するならば、同人史上最高と言えるのは、
『月姫』でも『ひぐらし』でも『ひまわり』でもなく、
間違いなくDISCODE Surfaceなのだと思います。

DISCODE Surfaceがリメイク的意味合いもあることもあり、
私は一応良作ってところで落ち着きましたが、
私の評価はむしろ最低ラインだと思った方が良いかもしれませんね。
ここを基準に属性のある人は更に評価が高まっていく、
そういう作品と言えるのではないでしょうか。
見方にもよりますが、
同人ゲームにおける一つの到達点とも言える作品でした。

ランク:B(良作)

ダウンロード版
DISCODE Surface

関連するタグ WIN /ADV /コマンド選択式 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2004」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/341-32597e07
| ホームへ戻る |