『BackStage』

『BackStage』

『BackStage』は2008年にWIN用として、
TJRから発売されました。

題材的には面白そうだったのですが・・・



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
葛木光明は俳優を目指す青年。
ある時、知り合いの演出家・水鏡京香に誘われて、
劇団『バックセット』の一員となるのだった。
変人として有名な水鏡だが、劇団には様々な人材が集まり、
だが、やはり折り合いが上手くいかずに
次々と団員が辞めていく。
「組織をまとめるのは難しい。」
水鏡は淡々とそう言って、再び団員を集める。
しかし、むろん今度はそうそう集まらない。
劇団はムリだとしても、公演だけはしたいと思う光明は
仕方なく自らも動き、様々な人材に声をかけていく。
『表現者を求む』
我こそは役者だと思えばそれは役者。
声優、アイドル、ダンサー、素人まで、
とりあえず人は集まった。劇団バックセットではなく、
"公演団体"バックセットとしてだが。
そして、あまりにもバラバラな面子を前にして水鏡は言う。
「光明、君にキャストのリーダーをやってもらいたい。
舞台監督とまではいかないが、まあ、まとめ役だ」
とんでもないことを任されて唖然となる光明だが、
悪戦苦闘しながら、なんとか面子をまとめていくのだった。

<感想>


ブランド2作目であり、その後も作品を出していないので、
ブランド的には無名に近いのでしょうね。
ただ、ライターが、おるごぅる氏なので、
ライターには一定のファンがいたと。
そのため、作品としては、
それなりに認知度がある感じでしょうか。

ライターが実績のある方だし、
昔は私も好きだったこともあり、
基本的には読みやすかったです。

しかし、そもそも点を稼げそうなのがストーリーだけで、
そのストーリーもいまいちだったんですよね。
なんか地味なのはまだしも、
大人であるはずの主人公が年相応にみえなくて。
まぁ、途中からまっとうになりますが、
マイナスからゼロになっただけにも見えますし。
それと、演劇を題材にしていますが、
肝心のその部分が物足りないので、
全体としても面白みの欠ける作品となってしまいました。

<総合>


総合では駄作としておきます。

全体的に手抜き感があるので、
総合的に判断する人には向かないです。
テキスト自体は読みやすいので、
基本的にはファン向けの作品でしょうね。

ランク:E(駄作)





関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


消えた世界と月と少女   少女グラフィティ    少女と年の差、ふたまわり。
カテゴリ「2008」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3407-f304f48f
| ホームへ戻る |