『新竹取物語』

『新竹取物語』

『新竹取物語』は1984年にPC88用として、
ビクター音楽産業から発売されました。
開発は、クロスメディアソフトになります。

パロディ風の楽しい作品でありつつ、
随所に特徴のあった作品でした。

take01.gif

<感想>


ゲームジャンルはコマンド入力式ADVになります。
個性的な作品が多かったビクター音楽産業の、
PCゲーム第1弾でもありました。

ストーリーは、簡単に言ってしまえば、
行方不明となっている、
絶世の美女の「かぐや姫」を探し出すという内容になります。

ゲーム開始時に性別を選べるものの、
性別によっては性転換させられるし、
いきなりアイテムでローソクとムチを与えられたりと、
終始軽いノリで進行し、
またパロディ要素もあり、
全体の雰囲気としては楽しく遊べる作品になっています。
シナリオライターがディスコのDJだったらしく、
そういうことも影響しているのか、
今までのADVにはないような、
非常に新鮮な雰囲気の作品でした。

80年代の私は、ADVといえば硬派な推理ものだろ、
或いは演出の優れたSFものだろという固い考えもあり、
当初は、この作品をそれほど評価していませんでした。
しかし、今振り返ってみると、
この作品の持つ新鮮さ・インパクトは、
高く評価されて然るべきなのだと思います。

本作は、ストーリーの他にも特徴があります。
まずは、グラフィックが非常に鮮やかで、
綺麗なことですね。
もちろん、現代の作品に比べれば、
物足りなく感じるのは当然なのですが、
そもそも日本のゲームにおいて、
まともなグラフィックが付いたのが83年ですからね。
84年の本作の鮮やかな色使いは、
それだけでインパクトがあったものです。

また、本作はコマンド入力式ADVであるところ、
難易度が設定してあり、
ゲームは減点方式で進みます。
そのため、何度も遊ぶことができました。

何度も遊ぶという観点から補足すると、
本作は体調・性別・難易度等により、
ストーリーが途中で変化し、
加えて、マルチエンドでもありました。

マルチエンドの元祖となると、
他の作品になってしまうのでしょうが、
その作品も84年の発売ですからね。
近い時期に本作も発売されたわけですから、
元祖でなくとも、それなりに新鮮でした。

<総合>


総合では名作と言えるでしょう。

内容が内容なので、若干好き嫌いは分かれるかもですが、
ほぼ全ての面で、秀でていましたからね。
日本のADVの基礎は84年に出来上がったと考えますし、
84年は客観的に考えるならば、
ADVの黄金期だったのでしょう。
本作は、その時期の代表作の一つであり、
名前だけでも知っておいてほしい作品といえるでしょうね。

ランク:AA-(名作)



関連するタグ PC88 /ADV /コマンド入力式 /


消えた世界と月と少女   少女グラフィティ    少女と年の差、ふたまわり。
カテゴリ「1984」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3406-f6b81a6e
| ホームへ戻る |