『花散峪山人考』

『花散峪山人考』

『花散峪山人考』は、2011年にWIN用として、
raiL-softから発売されました。

ある意味、ライターである希さんの魅力が、
存分に発揮された作品なのかもしれませんね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・―――それは過去。
けれどほど遠からぬ、この国のむかし―――
二つの大きな戦争の間。街には電気の明かり灯り、
鉄とセメントの建物が目立つようになっていった時代。
一方、まだ山々には前人未踏の原生林が多く残り、
その深い影の中に伝説、伝承を潜ませていた時代。
濃密に立ちこめる山気と、
分厚く積もった落ち葉とを踏み乱し、駆けゆく者がある。
そう、樹々の間に間を荒々しく駆けてゆくのは、修羅だ。
復讐の炎に我が肉を炙る、鬼だ。
最愛の女を無残にも殺められた青年の、
復讐の炎にドス汚れた瞳が、仇の姿を深山の中に追い求める。
仇、仇、憎むべき敵。
青年が追いかけ、滅ぼさんとする仇敵とはなにものか。
人も通わぬ深山に巣くい、跳梁し、翻弄するそれは―――
人か?山の怪か?
それは山人。
町里に住まう人々とは異なる、不思議、異形のモノ達。
―――これは、復讐の物語―――
最愛のものを奪われた青年の、山野を駆け巡り追い求め、
仇はおろか、関わった者までも巻きこんで、滅ぼしていく物語。

<感想>


一般的抽象的に考えてみた場合と、
実際にプレイした場合が異なることは、ままあるわけでして。
だから今回書くことは、
理屈になっていないのかもしれないけれど、
それもまた私の率直な感想なのでしょう。

さて、本作は、広義では伝奇ものとなるのですが、
より具体的には、ある男の復讐劇であり、
狂気と陰鬱な展開が繰り広げられます。
ライターの希さんは、良く言えば文学風のテキストで、
ファンも結構いるライターなのですが、
逆に徹底した描写がくどく感じられるとか、
読みにくいと感じられる人もいるでしょうし、
基本的に好き嫌いの分かれるライターだと思います。
まぁ、小説なら何ら問題はないのですが、
ゲームテキストとしては異質であり、
ディスプレイで読み続けるという観点からは、
あまり適した文章ではないようにも思います。

その希さんの作品の中で、私が今のところ最も好きなのは、
『信天翁航海録』になります。
『信天翁航海録』は明るくテンポの良い、
ノリの良い作品であり、読んでいてとにかく楽しかったです。
ただ、楽しく面白い作品ではありましたが、
その内容・方向性と、希さんのテキストの方向性とは、
あまりマッチしていないようにも思っていました。

そういう意味では、暗く重い本作の方が、
ねちっこく描写される希さんのテキストに、
マッチしているように思うのです。
一般的抽象的に考えようとすると、
おそらくそういう風になると思うんですよね。
ただ、実際にやってどうなのかとなると、
違ってきたりもするわけでして。
ひたすら暗く重い展開が、ねちっこく描写されるので、
次第に冗長に感じられるようになり、
なんか読んでいて疲れてくるのですよ。
だから本作に対しては、
希さんの本領が発揮された作品かと思う一方で、
なんかテキストの持つ魅力が、
今回は悪い方向に作用してしまったようにも感じるのです。

何事も塩梅が大事というか、
少なくとも私には、このライターの作品は、
明るくノリの良い作品の方が楽しめるような気がします。
まぁ、最近の作品は読みやすい方向にシフトしているので、
そうなると、また違ってくるかもしれないし、
今後も追いかけたいとは思っていますけどね。

<総合>


総合では、ギリギリ良作としておきます。

主観的には、必ずしも楽しめた作品ではないのですが、
これはこれでライターらしさは十分に発揮されていますし、
オンリーワンな個性を持った作品だと思いますので。
特に、俺はシナリオ重視だと言っているような人であれば、
このライターの作品はやってみるべきだと思いますね。

ランク:B-(良作)





DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3
カテゴリ「2011」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3404-e75ceaec
| ホームへ戻る |