『ツンえむ! ~ぎゅっと縛って指導して~』

『ツンえむ! ~ぎゅっと縛って指導して~』

『ツンえむ! ~ぎゅっと縛って指導して~』は、
2017年にWIN用として、
アンモライトから発売されました。

一河のあさんの描くキャラは良いですね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
「これは何かって聞いてるんだよ、あたしは……!!」
俺の部屋のベッドの上に、まるで見せしめ、
公開処刑のごとくに乱雑に並べられているのは、
エロ本やAV……しかもSMプレイ愛好家のためのブツ。
縛られてたり鞭で叩かれていたり、
口輪をはめられていたりの大騒ぎというか――。
「なんでSMなんだよ!?」
目の前で怒っているのは、紗紀……俺の教え子であり、彼女。
いよいよぶん殴られるか……と震えていると、
紗紀は、なぜか俺の鼻先にタオルを差し出してきた。
拳の代わりに、タオル……
これからどんな痛い目に遭わされるのか、
とドキドキしている俺をギロリとにらみつけた後で、
紗紀はベッドの上へと倒れ込んだ。
「さっさと、やれよ……そのタオルで、縛れって……!!」
……は?えっと……何?何??
紗紀は突然妙な姿勢をとり真っ赤になりつつ、命令してきた。
「こういうの、やりたかったんだろ!?あたしのこと、
し、縛って、エッチしろよ……!!」

<感想>


私は、一河のあさんの絵が、基本的に好きでして。
昔は、人妻ばかり描いていた時期があって、
その時は欠かさずプレイしていたものでした。

しかし、最近は炉利キャラを描くようになったので、
それで最近の作品はプレイしていませんでした。
一応調べてみたのですが、最後にプレイしたのは、
2013年の『淫辱選挙戦』だったようでして。
もう4年もプレイしていなかったのですね・・・

本作は、人妻ではありませんが、炉利でもないですし、
パッと見た瞬間、これはと思ったわけでして。
実際、グラフィックは良い感じでした。

ストーリーの方は、SM趣味を持っていた主人公に、
ヒロインがつきあわされるというもので、
それ以外はこれといって特徴はないのかなと。

<総合>


私の場合は、絵が気に入りましたので、
それで楽しめたってところでしょうか。

なので、ぎりぎり佳作としておきますが、
もし全然違う絵でこのシナリオであれば、
凡作以下だったでしょう。
内容自体には、あまり期待できませんし。

したがって、基本はおすすめできないけれど、
絵は良いので、原画が好みであれば、
元は取れるのではといった感じですね。

ランク:C-(佳作)



DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3
カテゴリ「2017」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3403-61719312
| ホームへ戻る |