『終末少女幻想アリスマチック』

『終末少女幻想アリスマチック』

『終末少女幻想アリスマチック』は、
2006年にWIN用として、
キャラメルBOXから発売されました。

まぁ、向き不向きがあるということでしょうか。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・突如世界中で発生した
「散花蝕/ペトレーション」と呼ばれる怪現象。
その謎を突き止め、世界を滅びの縁から救うために、
集められたのは、剣術に長けた7人の少年少女たち。
その戦いの中で彼らは何を知り、何を失っていくのか──?
──世界は、静かに終末を迎えようとしている。
西暦2022年。世界は原因不明の死に至る病に冒されていた。
隣接する多重次元世界が融合し、異空間化してしまうという
「散花蝕(ペトレーション)」と呼ばれる次元融合現象である。
汚染地域は人間が近寄ることを頑なに拒み、
その領域は徐々に拡大しつつあった……。そんなある日。
九州の片田舎で普通の学生として生きていた「丸目蔵人」は
文部科学省の発行した召喚状で、突如として、
東京湾の新規埋め立て地に造成された新東雲学園都市に
連れてこられることになった。自分にどんな役割があるのか、
それにどんな意味があるのか…全く知ることの無いままに。
けれど、刻一刻とそれを許さぬように
世界は滅亡への道を辿り始める。
手に携えるは幼い頃から鍛え続けてきた剣術と、
一振りの刀剣のみ。
そして蔵人は、そこで自らの運命を
それぞれに斬り拓こうとする少女たちと出逢う──。
逃れる術のない蒼き天蓋の下で──
今、少年少女達の未来への戦い、
「終末幻想」の物語が静かに幕を開けようとしていた……。

<感想>


少女剣劇・救世虚構恋愛奇譚ADVということで、
SF要素も含まれてはいるものの、
基本的にはバトルものとなるでしょうか。

ライターは嵩夜あやさん。
嵩夜あやさんの作品は、2010年に発売された、
「おとボク2」で好きになったわけでして。
それ以前にも作品は出していたけれど、
昔はあまりピンとこなかったんですよね。
「おとボク2」で好きになって、
それでこの作品はプレイしていなかったなと思い、
後からプレイしたわけです。

エロゲのライターの場合、最初に凄い作品を出して、
だんだん才能が枯渇してきて、
つまらない作品が増えていくケースが多いです。
しかし、嵩夜あやさんの場合は違うようで、
デビューから数作よりも、
後の作品の方が良い作品も多いように思います。
そういうこともあり、今でも気になってしまうのです。

本作は初期の作品ということで、
まだあか抜けていない感もありますが、
それ以上にこの手のジャンルが向いていないのかなと、
そんなことを思ったものでした。
なんかいろいろ調べているのは分かるし、
それだけ土台もしっかりしているのでしょうし、
何気ない日常とか楽しめるところもあるのですが、
肝心なところがいまいちだったりするものですから。
まぁ、ジャンルの向き不向きは誰でもありますからね。
仕方ないのかもしれませんが。

<総合>


総合では凡作としておきます。

悪くはない作品ですが、
原画にしてもライターにしても、
その後にもっと良い作品を出していますし、
その人の作品をしてみたいなら、
他にもっとあるだろということで、
優先度は低い作品だと思いますね。

ランク:D(凡作)



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3
カテゴリ「2006」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3402-bba462fa
| ホームへ戻る |