『ザ・クエスト』

『ザ・クエスト』

『ザ・クエスト』は1984年にPC88用として、
スタークラフトから発売されました。

ADVの構造という点からは、特徴のある作品でしたね。



<概要>


ゲームジャンルはコマンド入力式ADVになります。

ある日、バレマ国の王様の下に、
南の領主であるダイアナ嬢が陳情にやってきます。
南の領土では、ドラゴンが暴れていることから、
飢饉の状態にあるとのこと。
そこで王様は、勇者ゴーンを呼び、
ドラゴン退治に向かわせることに。
そしてゴーンをサポートするべく、
賢者である主人公も同行することに。

<感想>


最初期のADVはコマンド入力式だったのですが、
そのコマンド入力式という方法に違和感を抱かせないために、
いろんな工夫がなされてきました。
その工夫の一つとして、相棒形式が挙げられます。
つまり、プレイヤーの分身である主人公と、
その主人公の相棒が会話をするような体にするわけですね。

この相棒形式は、幾つかのADVで導入されていたところ、
中には、単なる相棒形式で終わらせるのではなく、
その構造の中にサプライズを盛り込んだ作品もありました。
有名なものとなると、
やっぱりポートピアの犯人はヤスになるでしょうか。
まぁ、当時は誰でも知っていたのですが、
ファミコンを知らない世代には、
意味が分からないかもですけどね。

本作は、スタークラフトのADVの一つであり、
綺麗なグラフィックが大量に用意され、
総合力自体も高い作品でした。
また、あらすじにもあるように、
相棒形式の作品でもありました。

ただ、ちょっと他の相棒形式と異なる点もあったんですね。
相棒というと、ホームズにおけるワトソンのように、
自分が主で相棒の方が従のようなイメージを持つ人も、
それなりに多いと思いますし、
ゲームでもそのパターンの方が多いのでしょう。
しかし、本作では、主人公は勇者に従う賢者であり、
主人公の方がお付きの立場にあるわけでして。
そういうこともあってか、相棒である勇者が、
勝手に動くことがあったのです。
具体的には、女を見ると勝手にデートに行ったりしてました。

まぁ、それによりゲームが面白くなるのかと聞かれると、
ちょっと答えに困ってしまうところもありますけどね。
とはいえ、ADVの構造に対する思い込みのようなものを、
ある意味、逆手に取ったような作品であり、
ADVの構造を分析するような人には、
面白い研究材料の一つになりえるように思いますね。

<総合>


総合では良作としておきます。

スタークラフトの作品ですから、
誰がプレイしても大抵は楽しめると思いますが、
上記の様な構造の作品であることから、
どっちかというと玄人向けの作品と言えるかもしれませんね。

ランク:B(良作)



関連するタグ PC88 /ADV /コマンド入力式 /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「1984」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3400-f942cbfe
| ホームへ戻る |