ソープランドストーリー

ソープランドストーリー

『ソープランドストーリー』は1986年にPC-88等で、
ハード(HARD)から発売されました。

確かあやよさんで有名なハードのデビュー作だったはずで、
非常に珍しいソープランド経営SLGでした。

soap01.jpg

<概要>


ゲームの目的はソープランドを経営し、
自分だけのハーレムを作るというものです。

システム的には、ソープで働かせる女の子たちをナンパするRPG的要素と、
ソープランド経営のSLG的要素から成り立ちます。
見方によってはADVでも良いかとも思いますが、
一応ここではRPGとして分類しておきたいと思います。
まぁ、雰囲気的には「TOKYOナンパストリート」をマップ移動式にして、
それにプラスアルファを加えたって感じですかね。

ナンパストリートよりもキャラが可愛くなった分、
ナンパも楽しく感じられました。
まぁ、41歳のしかも見た目より老けてるオバサンとかに、
むげなく振られた時などは怒りもこみ上げてきましたが、
それもひっくるめてゲームの味ってものでしょう。

<総合>


さて、本作はゲームの練り込み自体はそれ程でもなかったと思いますが、
時期が時期ですからね。
86年なんてのは、ファミコンで『ドラクエ』が発売した年であり、
世間の大半はこの年になってようやくRPGを認知したようなものです。
しかも、それ以後も80年代のRPGなんて中世ヨーロッパ風のばかりですし。

そういうのも考慮すると、
よくこの年にこんなのを出したよな?って感心してしまいます。
今でもこんな設定のゲームはほとんどないでしょうし、
とにかくオリジナリティ・個性は抜群と言えるでしょうね。

グラフィックもわりと粗めだとは思いますが、
個人的には結構好みなキャラデザだったりします。

ハードというと、どうしてもあやよさんの紙芝居のイメージが強いです。
でも、『ようこそシネマハウスへ』といい本作といい、
時々ゲームの凝った名作を作ってくるところなんですよね。
あやよさんだけだとシネマハウスが突然変異に思えてきますが、
本作なんかを見ていると下地はあったんだなって分かります。

こういうゲームって、もっとあっても良いと思うんですよね。
ゲーム性の高い内容に、他にはないオリジナリティ。
それって、今のアダルトゲームに一番欠けているものですから。
古すぎて誰も褒める人がいなそうなので、
その分私が名作として褒めておきたいと思います。

ランク:A(名作)



関連するタグ PC88 /SLG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1986」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/34-b37b4488
| ホームへ戻る |