『MOON CHILDe』

『MOON CHILDe』

『MOON CHILDe』は2005年にWIN用として、
SIESTAから発売されました。

久弥さんが復帰ということで話題になった作品ですね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・『国立まほろば学園』――
それは、人里を遠く離れた山深い森に、
まるで城塞のごとき威容をそびえ立たせていた。
【蝕】によって蔓延したと言われる奇病“ナイトメア感染症”。
ムーンチャイルドと呼ばれる感染者たち。
その治療をほどこすための施設でもある学園に、
草薙ヒロトは転校してきた。
そこで出逢った、ひとりの少女。
「あなたが本心から真実を望むなら、見せてあげる」
夕月咲夜――彼女は学園の秘密を暴こうとしていた。
ヒロトは彼女と共に、大きな運命の渦に巻き込まれていく。
閉塞した学園で、次々と起こる怪事件。
ファントムと呼ばれる怪人の伝説。
ムーンチャイルドを巡る憎悪と陰謀。
ヒロトは、自らが予知した「最悪の未来」を
回避することができるのか?

<感想>


Keyのどの作品が好きか、
言い換えるならば、『AIR』以降の作品と、
デビュー作である『Kanon』とどちらが好きなのか。
『AIR』が麻枝さんの作品であるならば、
『Kanon』は久弥さんの作品なのであり、
そこに大きな違いがあるといえるのでしょう。
麻枝さんの作品は、鍵作品をやっていれば、
他にもいろいろプレイできるのですが、
久弥さんは『Kanon』を最後に、
ゲーム業界から離れていましたからね。
久弥さんのファンからすれば、
本作によって久弥さんが復活したというのは、
非常に大きな出来事だったと思います。
・・・まぁ、結局のところ、
アダルトゲームに関しては、この作品が最後なんですけどね。

ところで、私は『Kanon』の大ファンでもありますが、
久弥さんの新作というだけでは、
それほど大きな期待は持っていませんでした。
というのも、鍵作品の多くには高い評価をしているものの、
ライター個人個人には、
それほど高い評価をしていないからです。
なんていうのかな、例えば蛭田さんとかTADAさんとか、
剣乃さんとか広崎さんとか、
そういう人らは優れたクリエイターであり、
その新作には無条件で期待していました。
他方で、鍵作品は、麻枝さんや久弥さんだけでなく、
彼らのシナリオにいたるさんの絵と、
当時は業界最高峰だった塗りと、
折戸さんの音楽等が上手く噛み合い、
その相乗効果で出来上がった作品が凄かったのであって、
シナリオだけとか、音楽だけとかを切り取って、
それだけで凄いとは思わないのです。
まぁ、あくまでも私個人の印象ですけどね。

という事情から、本作にも過度な期待はなかったですが、
それで良かったのかもしれませんね。
本作も、久弥さんのパートはシナリオは良かったですが、
他の要素が優れているわけでもないので、
過去作ほどの魅力は感じられませんでした。

なお、本作についてはライターが複数いるのですが、
その弊害がもろに出ていまして。
ライター間で設定の共有ができていないのか、
細かい部分でちぐはぐな印象がありましたし、
各シナリオが独立しているので、個別ルートに入ると、
他のヒロインが出てこないなどの状況も生じていました。

<総合>


総合では佳作としておきます。

久しぶりに久弥さんの作品がプレイできた。
それだけで一応の満足はできたものの、
それ以上でもそれ以下でもなく、
作品としてはいろいろ問題もあったという感じでしたね。
今はアニメの仕事をやっていることもあるみたいですが、
できれば、もう一作くらい、
ノベルゲームで見てみたかったものです。

ランク:C-(佳作)



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「2005」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3399-63c05849
| ホームへ戻る |