『恋と、ギターと、青い空。』

『恋と、ギターと、青い空。』

『恋と、ギターと、青い空。』は、2015年にWIN用として、
Cosmillicaから発売されました。

レズとロードムービーが融合し、他にはない魅力を伴った、
異色のノベルゲームでしたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
NYの広告代理店に勤める隠れレズビアンのアマンダは、
ある不運から、担当した大きな案件をしくじってしまい、
休暇を言い渡される。
仕事一筋で遊びを知らぬ身に、突然訪れた空白の時間。
旅をして人間について学んで来いという、上司の言葉。
アマンダは、ラジオから偶然流れたカントリーソングに導かれ、
独りナッシュビルへ。
音楽と色彩に満ちた町で、先の人生を憂い溜息をついていると、
ふいに、天使が耳元で囁いた。
「ハロー、ナッシュビル。恋の予感の歌を聴きたい?」

<はじめに>


Cosmillicaは同人サークルであり、
幾つもノベルゲーを製作していますが、
よくあるエロゲとは雰囲気の異なる作品が多いです。
最初の方の作品はボリュームも少なかったので、
その辺での物足りなさもあったのだけれど、
次第にボリュームも増えていき、
総合的な意味で最も充実していたのが、
2015年頃なのだと思います。

その2015年には、2本の作品を発売しており、
1つが本作で、もう一つが『亡国のクルティザンヌ』になります。
『亡国のクルティザンヌ』は、感想を書けていないのですが、
エロゲでは珍しい歴史モノでして。
史実に沿いつつも、歴史の表に出てこない部分を上手く表現し、
ストーリーの優れた作品でした。
キャラとかの造形からもシナリオの展開の仕方からも、
おそらく一般的なエロゲユーザーにとっては、
同サークルの作品の中では、
『亡国のクルティザンヌ』が一番楽しめるのではないかと、
個人的には思っています。
まぁ、とりあえず、歴史系作品が好きならば、
是が非でもやっておけとは言いたくなりますけどね。

そういう意味では、本作の方が、題材的にも作風的にも、
好みが分かれる作品だと思うのですが、
でも、だからこそ、個人的には、この作品を推したいのです。

<感想>


あらすじにもありますが、本作は、
NYで仕事一筋でがんばってきたヒスパニック系のアマンダが、
仕事のミスを機に、休暇と旅を言い渡されます。
突然のことで、全然あてもなかったアマンダですが、
向かったナッシュビルの酒場で、
ギターと歌で町を渡り歩くジュリエッタと出会い、
酔った勢いで関係をもってしまいます。
その後、二人は、一緒にアメリカを旅することになります。

本作のジャンル名には、
純愛レズビアン・ロードノベルとあります。
純愛レズビアンと言われると、
言葉だけだと何だか違和感もあるのですが、
いざプレイしてみると、
なるほど、確かにこれは純愛レズビアンなのでしょう。
80年代から90年代前半のエロゲは、女性二人が関係を持つと、
何でもかんでもレズと記す傾向がありました。
それが近年は、何でもかんでも百合と表現するようになり、
これはレズだろというものであっても、
百合作品として紹介されることが多いです。
百合とレズは本来は異なるものだと思うし、
片方が好きであっても、もう片方も好きとは限らないわけで、
百合は好きだけどレズは合わない人もいれば、
その逆もいるのです。
しかしその使い分けが凄く適当になっているものだから、
合わない作品を購入して文句をいうという、
作品にもユーザーにも不幸な現象が生じているのが、
近年のノベルゲー事情なのだと思います。

さて、百合とレズの違いについては、
語りだすとそれだけで長くなるかもしれないので、
ここでは割愛しますが、端的にいうならば、
精神的欲求から始まるのが百合であり、
肉体的欲求から始まるのがレズなのだと思います。
誤解を覚悟でひらたくいうならば、
男性向けでいうところの純愛ゲーが百合に相当し、
ナンパゲーがレズに相当するのでしょう。
そういう意味では、本作は、恋愛感情抜きに、
まず肉体関係から始まるのであり、
レズ作品となるのでしょう。
ただ、百合であってもその後に肉体関係に発展するように、
レズであっても、そこからプラトニックな関係が深まることも、
十分にあるわけです。
本作は、二人が旅をする過程で、
次第にその絆が深まるのであり、
それはまさしく純愛なのでしょう。
だからプレイ前とは異なり、プレイ後には、
純愛レズビアンという表現がしっくりくるのです。

ところで、本作は、純愛レズビアンのほかに、
ロードノベルという表現が用いられています。
本作は二人がアメリカを旅する物語であり、
ロードムービー的な手法が用いられています。
ロードムービーも映画では一つのジャンルなのですが、
ノベルゲーではレズよりもマイナージャンルですしね。
そこに音楽も絡んでくるわけですから、
アメリカを旅する気分に浸りながら、
終始新鮮な気持ちで楽しむことができました。

レズと音楽とロードムービー。
それぞれ自体が程度の差はあれ、
どれもマイナージャンルであるのに、
これらの要素を組み合わせた作品となると、
もうノベルゲーでは他にはないのではと思われるくらい、
非常に珍しいと思います。
ただ、プレイしていて思ったのですが、
単にマイナージャンルを組み合わせただけではなく、
もっと本質的な部分で違いがあるようにも思います。
そしてその答えは、製作者自身のインタビューにありました。

少し話がそれますが、私は、クリエーターのコメントとか、
あまり見ない方だと思います。
まぁ、ものにもよるのかもしれませんが、特にエロゲの場合、
ライターがあれこれ解説しているのを見ると、
かえって幻滅してしまうことの方が圧倒的に多いので。
作品は確かに素晴らしいけれど、
そのクリエイターの知識や認識は誤りだらけだったりとかして、
底の浅さを感じ、今後への期待が持てなくなるのです。
よくクリエイターにインタビューをして、
記事とかにする人もいますし、
聞いたことを持論につなげて書く人もいますが、
ことノベルゲーに関しては、
私にはその多くが無価値に見えてしまうんですよね。
もっとも、中には例外もあるわけで、
本作へのインタビューもその例外の一つになります。

原文を見ないでこれを書いているので、
少し曖昧になっていますが、
確か、映画を意識して本作を作ったと書いてあったはずです。
今のエロゲは、ラノベ的というか、
私はときどきエロゲ臭が漂うという表現も使いますが、
何かそういう構造や雰囲気がありまして。
本作もエロがあるので、エロゲではあるのですが、
一般映画を意識して作られていることもあり、
多くのエロゲにあるエロゲ臭がないのです。
だからジャンルの組み合わせだけでなく、
もっと本質的な部分において、本作は大多数のエロゲと異なり、
異色な存在なのです。
そうであるがゆえに、エロゲユーザーにとっては、
好き嫌いの分かれる作品となるのかもしれませんが、
でも、だからこそ、その異質さを私は推したいんですよね。
はじめに書いた部分の繰り返しというか、捕捉になりますが、
『亡国のクルティザンヌ』の方が本作よりも、
ストーリーは優れているのだと思います。
本作は、終盤が少しアッサリでしたしね。
しかし、『亡国のクルティザンヌ』は、
エロゲ的文法に則っているというか、
私的にいうところのエロゲ臭が少しあるので、
そういう点も影響して、
個人的にはこっちの方が印象に残ったというところでしょうか。

<総合>


総合では名作といえるでしょう。

残念なのは、今この作品を日本語版でプレイするのが、
少し難しくなっていることと、
今後の新作が望めない可能性が高いことでしょうか
(日本語音声入り英語字幕の英語版は、
steamで購入できるみたいです)。

本作のジャンル名の表現一つをとってみても、
インタビューをみてみても、作品をプレイしてみても、
本作のライターは本当に良く知っているし、
良く調べているなと思います。
傑作評価した作品のライターであっても、
う~んと首を傾げたくなる場合もある中、
作品の評価以上に、この人の次の作品を見てみたいとか、
この人は凄いなと思えるケースは少ないだけに、
できれば、また新作を出してほしいものですね。

ランク:A-(名作)



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「2015」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3398-ef1a9037
| ホームへ戻る |