『ガンナイトガール』

『ガンナイトガール』

『ガンナイトガール』は2012年にWIN用として、
CandySoftから発売されました。

演出等は良かったんですけどね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・2034年、日本。
海の向こう側では、今もどこかで戦争が起こってる。
そういう世界情勢を、なんとなくは把握していたけれど。
どこかで響く銃声は、あまりにも遠い。
なんてことない田舎町に住む俺にとっては、そのはずだった。
でも、とある事情で俺たちの通う学園は
無期限の休校となってしまい、
校舎は陸上自衛軍に接収されることになってしまって。
そしてやってきた、陸上自衛軍 女子工科学校の学生達。
部隊名:第0教育隊第2区隊。所属隊員はすべて女性。
物珍しさから少し興味はわいたけど、物騒なことは嫌いだった。
だから絶対に関わるつもりは無かったのに、
なぜかその0教2区隊ってやつに組み込まれることになって……。
これは平凡に過ぎるはずだった毎日が、
少しずつ変わっていく物語。
――いずれ戦地に赴くあの人に、
俺はなにをしてあげられるだろう。

<感想>


戦争を扱った、比較的硬派な作品になります。
学園萌えゲーが増えているエロゲ市場においては、
こういう路線自体が減っていますので、
ある意味、存在するだけでありがたいのであり、
それが本作の魅力でもあるのでしょう。

なので、この手のジャンルが好きであれば、
楽しめる可能性はあるのですが、
少し気になる点もありまして。
本作は細かい部分の作り込みがわりと大雑把なので、
設定とかで細かい部分まで気になる人ほど、
おそらく楽しめないと思います。

私は、あまり設定の細かい部分は気にならない方なので、
その点はまだ大丈夫だったのですが、
問題は主人公ですね。
主人公の言動はゲームにおいて最も長く触れる部分ですし、
戦争モノのように規模が大きく、
焦点がぼやけそうになる作品ほど、
主人公が一本しっかりした言動を行うことで、
ストーリーという太い筋ができあがり、
全体にまとまりも出てくるのだと思います。
本作は、その主人公の言動が一番問題でして。
端的にいうと、ダメな主人公であり、
これは読んでいて不快に感じる人も、
それなりに出てくることでしょう。
世界観と主人公がマッチしていないようで、
どうにも落ち着かない作品でした。

<総合>


総合では凡作でしょうか。

題材自体が珍しくなってきているので、
このジャンルであれば何でも楽しめる、
あまり深いことは気にしないというのであれば、
演出等部分的に良いところもありますので、
楽しめる可能性はあります。
他方で、硬派な内容及び格好良い主人公を求めるのならば、
あまりおすすめできない作品だと思いますね。

ランク:D-(凡作)




関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「2012」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3396-30c7f5ea
| ホームへ戻る |