『ヤミと祝祭のサンクチュアリ』

『ヤミと祝祭のサンクチュアリ』

『ヤミと祝祭のサンクチュアリ』は、
2017年にWIN用として、
あざらしそふと零から発売されました。

あっぷりけの作品のような印象の作品でしたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
この世には、人に在らざる者が凄んでいる。
時に人はそれを神と崇め、時に人はそれを化物と畏れた。
古流武術の継承者である主人公・出雲宗司。彼の幼馴染であり、
世界有数の財閥の息女でもある姫神亜梨栖は、
本土から遠く離れた学園島・新座島で消息を絶った
姉の行方を調べるため、宗司と共に神坐学園へと赴いた。
学園には、奇妙な『ルール』があった。
まるで何かを隠すかのように存在するそれは、
この島に『秘密』があることを確信させるには、十分だった。
亜梨栖の幼なじみで弓道の名家、綺堂悠里。
姫神と並ぶ大財閥の娘、クローデット・ベルフラウ。
不思議な力を操る、謎多き美少女、
ユーリエ・フォン・フェルトベルグ。
学園に通う宗司と亜梨栖は、様々な人の助けを借り、
ときには駆け引きをしながら、
二人は次第に島の真実へと近づいていく。
だが、そこで待ち受けていたのは、
亜梨栖の姉との再会ではなく、
説話として語られる、数多の『怪異』だった。
絡まり合う人々の思惑と、その影に身を潜めた、
人に在らざる者達。
全てが交わるとき、運命が動き始める――。

<感想>


あざらしそふと零という、
ブランドとしてはデビュー作なのですが、
本作のシナリオライターは、
『黄昏のシンセミア』などで有名な桐月さんですし、
今回も広い意味では伝奇ものとなりますし、
システムではフローチャートがありますので、
印象としては、あっぷりけの新作のような感じですね。
そして良くも悪くも、その一言につきてしまうのかなと。

似たようなことをやっているので、
ファンなら安心して楽しめるとも言えますし、
そういう意味では鉄板と言えるのかもしれません。
ただ、個人的には安定よりも変化を求めますので、
過去作からどれだけプラスアルファがなされたのか、
それに期待していしまうわけでして。
しかし、本作において、
そのプラスアルファはなかったのかなと。

キャラデザは好みの問題もありますが、
あっぷりけ作品の方が個人的には好みです。
また、本作は後発ではありますが、
演出等での進化があるわけではありません。
フローチャートは便利なのですが、
これも過去作から変わりはないわけでして。

ストーリーについても、
桐月さんの作品は展開が遅い傾向があるのですが、
過去作ではそれをキャラの魅力でカバーしていたものでした。
というか、過去の代表作の場合、ストーリーとキャラとが、
単独だとどっちつかずになりかねないところを、
上手く噛み合い補い合うことで、
絶妙なバランスで乗り切っていたんですよね。
本作でも、キャラにそれなりには魅力はありますし、
ストーリーも決して悪くはないのですが、
それらがきちんと噛み合っていないため、
補い合うという関係になっていないのです。
そのため、結果的に何がしたいのかが伝わりにくい、
どっちつかずの作品になってしまったわけで、
桐月作品の悪い部分の方が、
若干目立ったように感じられてしまいました。

<総合>


総合では佳作としておきます。

普通には楽しめる作品ではあるのですが、
どうしても過去の代表作の劣化版とのイメージが強く、
物足りなさの方が強くなってしまった作品でした。
せっかく異なるブランドからの発売なのですから、
もう少し違った方向性の作品を
出しても良かったかもしれませんね。

ランク:C-(佳作)



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「2017」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3392-a82c67a2
| ホームへ戻る |