『ヒマワリと恋の記憶』

『ヒマワリと恋の記憶』

『ヒマワリと恋の記憶』は2014年にWIN用として、
MOREから発売されました。

南浜よりこ氏がメイン原画となったのはこれが初ですかね。
グラフィックの印象的な作品でした。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・人生でたった一度の青春時代。
仲間と遊びに出かけたり、
夢を叶えるため一生懸命頑張ったり、そして恋をしたり。
だが石神学園2年の主人公は
青春まっただ中を無為に過ごしていた。
何かを変えなければと思う主人公。
けれどそのためのアクションが起こせない。
そんな主人公は、それぞれの悩みを抱える彼女達と出会う。
主人公は次第に彼女達と特別な青春を過ごす事になる。
それは二度と、やり直すことが出来ない大切な青春。

<感想>


パッケージデザインからしてインパクトのある本作。
南浜よりこ氏がゲームに関わったのは、
本作よりも前にありますが、
メイン原画としては、これが最初になりますかね。
以後の作品もそうなのですが、
グラフィックがこのブランドの最大に魅力であることは、
間違いないのでしょう。

本作でも、一枚絵の構図は良かったです。
立ち絵も、服のしわとか、とても良くできていました。
主観的には、どうも事前に期待したほどではなかったので、
それほど満足度が高いわけではないのですが、
それでも客観的にと考えようとすると、
良くできていたのだと思います。

ここの系列作品の弱いところは、
毎回ストーリー・テキストになるのでしょう。
ストーリーは、ラストでファンタジー要素が出てきます。
その内容については、
この手の作品の経験が乏しい人であれば、
驚きの方が先に立ち、良い印象を抱くことが多いでしょう。
しかし、そうでない人だと、賛否分かれるでしょうし、
受け付けない人には大きな地雷となりかねません。

個人的には、否定的な立場ですかね。
ファンタジー要素を入れる必要性はなかったですし、
入れたことで納得しにくい部分も生まれましたし、
純粋に現代ものの純愛作品で終わらせた方が、
まとまった内容になったと思います。
まぁ、テキストが上手いわけでもなく、
純愛部分のストーリーも、
設定が変わっているわけでもないので、
どこかで違いを示そうとした気持ちは分かりますけどね。
その気持ちは応援したいものの、
少し空回りしてしまった感は否めないです。

<総合>


総合では凡作でしょうか。

案外好き嫌いが分かれる作品かと思いますが、
絵は綺麗な作品ですし、
もし気になるのであれば、
あまりノベルゲーのプレイ経験がないうちに、
早めにプレイした方が楽しめるように思いますね。

ランク:D(凡作)



DL版



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「2014」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3391-63e7e12b
| ホームへ戻る |