『極楽まんだら』

『極楽まんだら』

『極楽まんだら』は1993年にPC98用として、
フェアリーテールから発売されました。

クリックの大変な作品でしたね。

gokurakumandara11.png

<概要>


ゲームジャンルはポイントアンドクリック式ADVになります。

大まかなあらすじとしては、
主人公は僧侶の瑠璃から、処女を頂いたかわりに、
死神に奪われた彼女の宝を捜すことになります。

<感想>


PC98時代の御三家といえば、
エルフ、アリス、アイデスであり、
そのことは疑う余地もないのでしょう。
特にアイデスは、エルフとアリスの躍進前は、
業界最大手と言っても過言でなかったでしょうし。

そして、そのアイデスの中心となったのが、
フェアリーテールというブランドでした。
同じアイデス内でも、89年にカクテルソフトが誕生し、
そのカクテルソフトが急激に伸びていきまして。
先にあったフェアリーテールを、
追いつき追い越せという勢いでした。
それでも、フェアリーテールも、
92年には『夢二』『狂った果実』『新宿物語』
『ドラキュラ伯爵』と、小粒ながらも名作を連発しており、
アイデスはフェアリーテールとカクテルソフトという、
2枚看板を維持していました。

もう記憶も曖昧ですが、92年頃までなら、
私の中でもカクテルソフトとフェアリーテールは、
同格な印象だったと思います。
その印象が変わったとするならば、
おそらく93年になるのではないでしょうか。
93年は、一方のカクテルソフトは、
看板シリーズである「きゃんバニー」シリーズの最高傑作、
『きゃんきゃんバニーエクストラ』を発売します。
他方のフェアリーテールは、
同ブランド内の別レーベルであるレッドゾーン名義で、
いわゆる名前シリーズをヒットさせるのですが、
純粋なフェアリーテール名義となると、
本作だけになってしまいます。

そして、その肝心の本作なのですが、
ゲームジャンルとしてはP&C式ADVになります。
このジャンルは、上手く作れた場合には、
非常に面白くなるのですが、それが結構難しかったりします。
エルフなんかはP&C式を作るのが、
非常に上手かったんですけどね。
アイデスも何本か作っていますが、
個人的にはあまり上手いと思ったことはありません。
アイデス作品は、可愛いキャラとノリとテンポで、
一気に進められる作品の方が向いていると思うわけでして。
本作にも美少女は登場しますし、会話も楽しいのですが、
しつこくしつこく何度もクリックを強いられるシステムが、
その楽しさを殺してしまっているようで、
あまり面白いとも思えませんでした。

まぁ、当時はHシーンで画面クリックを要する作品も多く、
私はそれが苦手だったのですが、
作品数がそれなりにあったことからすると、
一定の需要はあったのでしょう。
だから単に私に合わないだけで、
難度の高い画面クリックを好む人なら、
楽しめた可能性は十分にありますけどね。

<総合>


というわけで、フェアリーテールの派生レーベルからは、
その後も面白い作品が出てきますし、
フェアリーテール自身も、
まだしばらくは面白い作品も出るのですが、
本作の登場あたりから、
かつてほどの特別な存在ではなくなったということで、
ある意味象徴的な作品でした。

ランク:C-(佳作)



関連するタグ PC98 /ADV /P&C式 /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3390-3fdf2f83
| ホームへ戻る |