『アオイトリ』

『アオイトリ』

『アオイトリ』は2017年にWIN用として、
パープルソフトウェアから発売されました。

アマツツミが良かったので、期待したのですが・・・



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
ソレは触れ合うことで相手の不安や恐怖を取り除く力―
力は深い触れ合いになればなるほど効果は強くなっていく。
握手より抱擁、抱擁よりキス、キスよりセックス。
それ故に彼(白鳥律)は学園の少女たちと交わり、
「天使」と呼ばれている。
そして今日もまた律の前に一人の少女が姿を現す。
海のあかり、信心深いクリスチャンの少女…
彼女との出会いから、物語は動き出す。

<感想>


ブランド前作である『アマツツミ』が面白かったことから、
期待した作品ですね。
本作と『アマツツミ』は直接は関係ないのですが、
タイトルも似ていますし、
パッケージデザインも似ていますし、
それなりに意識された作品なのでしょう。
本作はエロも強調されていることから、
アマツツミ+エロによって、
前作越えを狙ったんですかね。

いわゆるシナリオゲーにおけるエロ強化は、
ひと昔前だとかえって批判されたおそれもあったのですが、
最近の傾向であれば、
いわゆるシナリオゲーにおいても、
エロ強化の方向性は間違っていないと思います。
なので、その点は良かったのでしょう。

ただ、サイトとか見た時点で、
前作ほどのこだわりを感じられなかった不安は、
悪い意味で的中してしまったのかなと。

もちろん、パープルの作品なので、
細かい演出であるとか、テキストの表示の仕方とか、
そういう過去作からの良い部分は、
本作も受け継いでいます。

しかし、肝心のストーリーが、
悪い時のパープルの作品に戻ってしまったみたいでした。
なんか、全体として新鮮味を感じないのもありますし、
何よりプレイし始めて、なかなか盛り上がってこないわけで、
面白いと感じられるまでに時間がかかってしまいました。
昔からのパープルのファンであれば、
特に気にならないのかもしれませんけどね。
そうでない人だと、私みたいに感じてしまう人も、
少なからずいるのではないでしょうか。

<総合>


総合では佳作とします。

期待が大きかったのもありますが、
ちょっと残念でしたね。
まぁ、システムとか演出とかはしっかりしていますし、
私は体験版をしない派なのであれですが、
体験版をプレイして波長があうなと思った人ならば、
その調子で最後まで楽しめる可能性は高いと思いますね。

ランク:C(佳作)





ダウンロード版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「2017」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3387-d1bdcc60
| ホームへ戻る |