『Hyper→Highspeed→Genius』

『Hyper→Highspeed→Genius』

『Hyper→Highspeed→Genius』は2011年にWIN用として、
ういんどみるから発売されました。

後発の作品は、頑張らないとねと思った作品でした。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
一般的よりも高い才能や、特殊な能力を持ち、
世界を守護する役目を担う者――
その名を‘ジーニアス’という。
この世界には、そんな彼らを健全に育成するために設立された
三つの‘学園’があった。
‘ニッポン’中のジーニアスを集めた学園『私立皐月学園』
世界中からジーニアスを集めた女学園『聖ジュライ学園』
世界を‘裏側’から支える者たちの学園『国立水無月学園』
学園の努力もあって、一般人とジーニアスは共存し、
世界は平穏に満ちていた。そんなある日のこと。
ジーニアスの能力を強化する秘宝‘ノア’が発見されたことで、
事態が一変する。
「ノアを手にした聖女、世界を統べる世界長となるであろう」
この言い伝えを信じた三学園の学園長は、
自分の学園の‘会長’こそが相応しいと主張を始めた。
長い長い協議の結果、三つの学園を統合し、
そこで開かれる‘会長選挙’により、
どの会長が‘世界長’に相応しいのかを決めることになる。
統合後の学園の名は『私立葉月学園』。
そこに一人の青年がいた。この世界を変えるため、
世界の全てを手に入れようと望む青年・明智久司朗である。
秘法を手に入れるべく暗躍を開始した彼は、
悪魔‘メフィスト’と契約。
その力をもって会長候補を口説き、籠絡し、
そして支配しようとした。
しかし、久司朗は利用しているはずの彼女たちに
別の感情を抱くようになってしまう。
その感情とは――馬鹿な、この俺が恋など。そう、恋である。
焦れば焦るほどドツボにハマる久司朗。
はたして、彼の目的と恋の行方は
どうなってしまうのだろうか?

<総合>


なんか評判が良さげだったので、
結構後になってプレイした作品ですね。
あまり書くこともないので、今回は本当に短評で。

設定自体がどこかで見たことのあるようなものが多く、
あまり独自性を感じられません。
もっとも後発なら後発で、より掘り下げてあれば、
そこに新たな個性を感じることも可能だし、
楽しむこともできたのでしょうが、
それもありませんでした。

あとは、主人公ですね。
エロゲにはヘタレ主人公が多いけれど、
あれはライターが書きやすい、安全策なんでしょうね。
本作のような優れた設定の主人公にしてしまうと、
いくら設定上は優秀でも、
結局はライターの能力以上の行動はできないし、
不可解な行動が出てくると余計に目立ってしまいますから。
まぁ、それにしても、
もう少し主人公の書きようはあったとは思いますが。

<総合>


総合では凡作でしょうか。

エロゲユーザーは、何かに似ている作品に寛容な人が多いので、
気にならない人は気にならないのでしょうが、
そういうのが気になる人は注意した方が良いでしょうね。

ランク:D-(凡作)



ダウンロード版



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Summer Pockets      まおてん     シャムロックの花言葉
カテゴリ「2011」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3386-da808070
| ホームへ戻る |