『タナトスの恋 ~淫姉弟相姦~』

『タナトスの恋 ~淫姉弟相姦~』

『タナトスの恋 ~淫姉弟相姦~』は、
2003年にWIN用として、
レッドレーベルから発売されました。

名を伏せていたこともあり、菅野作品の中でもマイナーで、
かなり異端な雰囲気の作品でしたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
不慮の事故によって北原茜の肉体に脳移植された奈緒美…
かつての自分よりも若くて張りのある身体、大きな乳房、
セックスも異様に感じてしまう淫らな肉体。
最愛の弟へ、愛の告白を決意する彼女だったが、
一つの不安が心をよぎる。
少なくとも一人の人命は救われた。
だがそれは一体誰の命だったか?
多くの解釈では、脳の帰属する人格が、
その人間の≪個≫であると定義づけている。
するとやはり奈緒美の命が助かったと
考えるべきかもしれない…
少なくとも彼女は、自分自身を奈緒美だと考えているのだから。
だが、その肉体の持つ容姿、笑った顔や怒った顔、声、
そして匂いすら全く別人であるとき……
脳の人格が、その自らの個性を、
果たして表明できるのだろうか?
奈緒美は、鏡の中の自分…
北原茜をみつめながらそう思うのだった。
脳移植の事実を知るのは、手術をした北沢卓也の他に、
ほんの数人しかいない。
彼らがその事実を翻したら?
脳移植の事実など無いと言ったら?
いったい、ここで鏡を見つめている自分は、誰なのだろう?
奈緒美の心には、次第に自らのアイデンティティへの不安と
疑念が、芽生えていく。
自らの存在意義を求めてやまない彼女は、まわりをも巻き込み、
タナトス(混沌)へと堕ちていくのだった。
そしてその先にあるものは……

<感想>


本作が発売されたのは2003年。
『ミステリート』が2004年の発売なので、
その1年くらい前に出た作品ですね。
その時期は、『ミステリート』早う出せと、
常に思っていたわけでして。
たぶん、そういう人、少なからずいたと思います。
だから名を伏せたのか、
本作は今でこそ菅野さんの作品とされていますが、
当初はライター非公開だったように思います。

本作は、脳移植や近親相姦など、
考え出すと難しい題材が扱われております。
あまりエロゲでは見かけないタイプの作品ですので、
シナリオ重視ですって人にはお勧めの作品です。

まぁ、弟を想う姉の物語を描きたかったのか、
姉の秘密に迫る物語を描きたかったのか、
いまいち焦点が絞り切れておらず、
ストーリーの一貫性に欠ける感はあり、
過去の代表作よりは劣りますけどね。
それでも十分に面白い内容ですから、
シナリオだけを見るって人ならば、
楽しめる可能性は高いのかなと。

さて、上記のシナリオだけ見るって人と、
少し限定を加えたのには理由がありまして。
本作は隠れた名作という人もいるように、
はまる人ははまる作品でもあるのですが、
如何せん好き嫌いが分かれやすい作品なのです。
つまり、ストーリーは良いのだけれど、
他がダメなんですね。
まず、そもそも原画にかなり癖があり、
その時点で人を選んでしまいます。
一見すると近親ものの抜きゲーっぽくもあるのですが、
あまりそっち方面でも期待できないですし。
また、システムが弱い上に攻略も難しく、
プレイしていてストレスがたまりかねません。
だからどうしても、人を選んでしまうのです。

<総合>


とにかく全ての面で、
普通のエロゲと異なるような癖の強い作品であり、
それでいてライターの作品の中でも、
優先順位が低い作品といえますので、
どうしても埋もれるべくして埋もれてしまうのでしょう。
個人的にも、特に好きな作品でもないですし。

ただ、萌えとかエロとかとは離れたところで、
ちょっと変わったシナリオゲーをやりたい人には、
中にはツボにはまる人もいると思いますので、
検討してみる価値はあると思いますね。

ランク:C(佳作)



ダウンロード版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


さくら、もゆ。        イブニクル2      その日の獣には、
カテゴリ「2003」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3385-5e43191a
| ホームへ戻る |