『ことのはアムリラート』

『ことのはアムリラート』

『ことのはアムリラート』は2017年にWIN用として、
SukeraSparoから発売されました。

エスペラント語の勉強にもなる、
珍しい作品でしたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
女子校生の‘凜’は、地元の商店街で買い食いをした直後、
周囲の空気が一変したことに驚く。
「…なんで、空がピンクなの…」
よく知るはずの場所なのに、『看板の文字は読めず、
人々が話す言葉も意味不明』な空間へ様変わり。
状況が飲み込めない凜は、途方に暮れて座り込んでしまう。
…と、そこへアイドル並にカワイイ女の子―
‘ルカ’が現れ、救いの手を差し伸べてくれたのだった。
自称ポジティブさが売りの女子校生‘リン’と、
カタコトの日本語でサポートしてくれる‘ルカ’。
これは、そんなふたりが手探りの意思疎通で織りなす、
もどかしくも純粋な…女の子同士の物語。

<感想>


ある日、異世界に飛ばされた女性主人公と、
その世界で出会った女の子との、百合物語ですね。

異世界に飛ばされた場合、
常識で考えるならば、そもそも言葉が通じないはずです。
大抵の異世界FT作品は、その辺を意図的に無視していますが、
中には抵抗を感じていた人もいるのではないでしょうか。
本作は、その部分にきちんと向き合っており、
異世界に飛ばされた主人公は、言葉が分かりません。
そこで、その世界で使われている、
ユリアーモという言葉を覚えていくことになります。
このユリアーモは、本作独自に作ったのではなく、
国際共通語として考案された、
エスペラント語を用いているのです。
そのため、本作のジャンルとしては、
百合+エスペラント語学習と考えるのが妥当なのでしょう。

本作を通して、エスペラント語の勉強もできますし、
こうした行為は、異世界ものとも相性が良いです。
また、少しずつ言葉を覚えながら意思疎通を図っていく流れと、
百合という題材も、比較的相性が良いと思います。
組み合わせとしては悪くないうえに、
他所でやっていない手薄なジャンルだけに、
さじ加減次第では凄く面白くなりえた作品だと思います。

問題は、そのさじ加減でして。
本作のプレイ時間の大半は、
エスペラント語のレッスンに割かれます。
そのため、百合の部分にだけ興味を持った人は、
語学学習なんていらないんだ、
もっと百合の部分を見せろと、
不満を抱いてしまうと思います。

また、レッスン以外のストーリー部分は薄く、
百合としてはまだしも、
異世界FTとしてのストーリーを期待すると、
まずガッカリしてしまうでしょう。

エスペラント語のレッスンを入れるにしても、
あくまでも従的な立場におさえて、
異世界と百合というところでの、
ストーリー部分を厚くした方が、
絶対に良い作品になったと思います。
そのバランスの点で、少しもったいない作品でした。

<総合>


総合では佳作としておきます。

物足りない部分もいろいろありますが、
個性は十分にある作品でした。
特に楽しみながらエスペラント語に触れられるという点では、
オンリーワンな作品だと思いますので、
その点に興味がある場合には、
おすすめの作品といえるでしょうね。

ランク:C(佳作)





関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3
カテゴリ「2017」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3380-7b6fff48
| ホームへ戻る |