ひまわりのチャペルできみと

ひまわりのチャペルできみと

『ひまわりのチャペルできみと』は2007年にWIN用として、
Marronから発売されました。

ゲームジャンル:ノベル系ADV
シナリオ:竹井10日

ひまわりのチャペルできみと

デビュー作『秋桜の空に』で一躍脚光を浴びたMarronの、
起死回生となる一作でしたね。

Marronと言えばデビュー作の『秋桜の空に』が有名ですが、
ストーリーそのものはあまり良くないし、
システムもイマイチだったんですけどね。
そんなのが全く気にならなくなるくらい楽しかったわけでして。
ライターである竹井10日さんのテキストが抜群で、
とにかく笑えたのですよ。
なので一応注目していたブランドだったのですが、
秋桜以来の久しぶりのヒット作、
そしてブランド代表作とも呼べる作品がこの作品でした。

特徴はやっぱりテキストです。
ストーリーのジャンルとしてはラブコメものとなるのでしょうが、
ぶっちゃけ良い意味でバカゲーです。
とにかく笑える。
笑いのツボは人それぞれなので難しい面もあるのですが、
『秋桜の空に』が好きなら大丈夫でしょう。
仮に秋桜は知らないよって人でも、
「らき☆すた」のラノベで竹井10日さんを知った人もいるかと思います。
そういうラノベ経由の人も楽しめるでしょうね。
もちろん、未経験の人も一度は試してみる価値はあると思います。
まさに竹井10日ワールド全開って感じですからね。
更にテキストが良いだけでなく、選択肢も変なのばかりです。
この選択肢を選んだらどうなるのだろう、
全部試してみたいなと思わせてくれる作品はかなり稀で、
厳密なゲーム性とは異なるのでしょうが、非常に好印象でしたね。

うん、何気にここは大きいのかもな~
これを入力したらどうなるのだろう?
これを選択したらどうなるのだろう?
これをクリックしたらどうなるのだろう?
基本システムの違いでやることは微妙に異なるのだけれど、
ADVの基本はこれをやったらどうなるの?ってとこにあったわけで、
久しぶりにその基本を抑えているADVだったように思います。
今はその欠片も残っていないADVも多いだけにね、
余計にも鮮烈に見えたのですよ。

加えて、笑えるだけでなくボリュームも非常に多いです。
ストーリーのボリュームも凄いですし、
それに合わせてグラフィックの量も多いです。
何でもシナリオは4.5MB分(ゲーム4本分・文庫本20冊超)だそうで、
とにかく笑える展開が腹一杯に用意されているわけですから、
そういう意味での満足度は非常に高いと言えるでしょう。

ただ、ラストとかストーリーそのものは普通なんですよね。
好きな漫才コンビのネタであっても、
数時間は楽しめても数十時間では陰りも見えてしまいます。
笑える要素だけで数十時間ってのは、やっぱりちょっときついんですよね。

またこの時期にしては珍しく音声もないですし、
絵も量は多いものの基本的にあまり上手く見えません。
というか、馴染むのにかなり時間がかかりました。

そういうわけで、長所と短所がハッキリとわかれた作品でしたね。
私はそれらが打ち消しあって、トータルでは良作と考えました。
音声か絵の質か、どっちかがまともなら間違いなく名作だったんですけどね。
両方揃っていたら傑作扱いだってありえたでしょう。
それだけに、ちょっと勿体無くもありました。

個人的にはそんな感じですが、
ストーリー重視という人には合わないでしょうし、
音声がなければ論外という人には全く合わないでしょう。
逆に音声やストーリーはどうでもいいよ、
とにかく笑って楽しめればそれで良いじゃんって人ならば、
きっと満足できるのではないでしょうか。

このライターさんの独特のセンスは好きですし、
今後も期待したいところではあるのですけどね。
今後はラノベ中心でいくのでしょうか。
まぁ、絵師次第では一気にブレイクする可能性もありますし、
ラノベの方が合っているようにも思うわけで、
分野が違えどこれからの活躍に期待したいものですね。

ランク:B-(良作)

ひまわりのチャペルできみと

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2007」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |