『少女と年の差、ふたまわり。』

『少女と年の差、ふたまわり。』

『少女と年の差、ふたまわり。』は2018年にWIN用として、
あかべぇそふとすりぃから発売されました。

オッサンと少女の恋愛。
今のエロゲに求められているのは、こういう作品なのでは。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
会社員・城西雅実(しろにし まさみ)は、
淡々とした人生を送ってきた。
両親と死に別れたり、身体を壊して入院して、
それが原因で転職をしたり……
途中でいろいろなことがありはしたが、
それはそれとして、その日を生きてきた。
そして気付けば、オジサンと呼ばれる歳。
友達や恋人もおらず、職場の人と適度な距離を保ちつつ、
1人暮らしの日々を過ごす。
そんな彼には、いとこが1人いた。
娘と2人で暮らす彼女は、よく雅実に電話をしてくれる。
彼女と話すのは、雅実にとっても、それなりに楽しかった。
いとこの仕事はホステス。
昼に寝て、夜に出勤。
……なので毎日、娘を家に残して、仕事に行っていた。
まだまだ大きいとは呼べない娘――水香(みずか)は、
夜にいつも家で、1人きり。
いとこは雅実に、時間があるとき、
水香を構ってあげてほしいと頼む。
だから雅実は、水香に連絡をしてみた。
一緒に夕飯でも食べないか、と。
寂しいオジサンと、寂しい少女。
些細なきっかけから、1人だけの時間が、
2人のものになっていく。

<感想>


本作のストーリーは極めてシンプルであり、
主人公が自分のイトコの娘を預かっているうちに、
次第に恋愛感情が生まれていくというものになります。

オジサンと少女との年の差のある恋愛作品は、
漫画とかでは最近も人気作品が出たりしていますが、
エロゲではあまり見かけません。
しかし、エロゲユーザーが高齢化していると言われる今日、
もしそれが本当なのだとしたら、
今後はこういう作品こそ増やすべきではないでしょうか。

これがね、昔の恋愛SLGが多かった時代だと、
また事情が異なると思うわけでして。
1週間のスケジュールを組んで、部活や勉学に励むのならば、
学園生活をもう一度やりなおすような気分に浸れるので、
主人公を学生にする意味も十分にありました。
しかし仮に、恋愛SLGで主人公をオッサンにすると、
出社して、仕事して、残業して、帰宅して・・・という流れを、
リアル仕事を終えて帰宅したオッサンに強いるという、
それなんて罰ゲーム・・・という状況になっちゃいます。
だから恋愛SLGよりもノベルゲーの方が、
オッサン主人公を使いやすいわけで、
その観点からも今の時代に合致すると思うのですよ。

もっとも、主人公を大人にした場合、
よりライターの力量が問われることになります。
というのも、ライターの力不足により生じた、
主人公の言動の矛盾や理不尽さなども、
主人公が子供であれば、
思春期の少年の持つ青臭さという感じで、
何となくごまかせちゃえます。
しかし主人公が大人だと、そうはいかず、
設定だけ大人で言動が子供のままだと、
当然ながら違和感が生じますし、
ストーリーも破綻しかねません。
だからきちんとした大人を描くためには、
ライターにもそれだけの素養が、
きちんと備わっていなければならないのです。
なので、本作のような作品の需要が、
潜在的には高かったとしても、
なかなか急には増えないのでしょうね。

上記のような事情から、上手く書けないと、
ネタゲーで終わってしまうおそれもありましたが、
その点では本作はそれなりに良く書けていたと思います。
前半は二人の関係の変遷を丁寧に描き、
単なる抜きゲーにならないようにしつつも、
後半はエロが多めで、
同系統の漫画とは異なる魅力も出せていますしね。
そのため、本作のタイトルを見て、
何か惹かれるものがある人は、
大抵がそれなりの満足を得られると思います。

ただ、若干気になる点もありました。
一つ目は、頭と体のバランスに少し違和感があったことです。
二つ目は、題材的にミドルプライスにして、
コンパクトにしたことは英断と考えつつも、
その価格に比して、一枚絵の数が少ないことです。
三つ目は、本作が分岐のない一本道である上に、
特にストーリー上に盛り上がるシーンもなく、
ラストもあっさり目であることから、
ややインパクトに欠けることですね。

<総合>


総合では、佳作としておきます。

単純に読んでいる分には、面白いと言えるのですが、
付加価値的な部分が弱かった感じですかね。

本作のヒロインは、単なるその辺の少女ではなく、
主人公のイトコです。
イトコだからと安心して娘を預けたら、
自分と同年代のオッサンに大事な娘を奪われる、
その母親の複雑な心理というものは、
容易に想像することができるでしょうし、
掘り下げがいのあるキャラだと思います。
本作でも、イトコに真実を話す場面が、
一つの山場とはなっていますが、
丁寧さはありつつも盛り上がりに欠ける作品だけに、
このイトコをもう少し有効活用できていれば、
もっと面白くなったように思いますね。

ランク:C(佳作)



DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「2018」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3377-55e94856
| ホームへ戻る |