『きんとうか』

『きんとうか』

『きんとうか』は、2017年にWIN用として、
GRISEDGEから発売されました。

設定や世界観に関していえば、
同年でも最高峰の作品と言えるのではないでしょうか。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
きんとうか。それは願いを送る華―
主人公・鈴村颯太は祖母の葬儀のため、
十数年ぶりに海を渡り、父の故郷の島に帰っていく。
瀬戸内海に浮かぶ小さなその島は、
生きている者と同じように、死者を想い、慈しむ、
優しい風習の残る島だった。
祖母を送るための「華おくり」の儀式や、
成長した幼馴染のよそよそしい態度に戸惑いながら、
颯太は祖母の通夜の夜、
過去に亡くした知人に似た、記憶のない男に出会う。
波のように繰り返される、出会いと別れ。
それは死者の想いが咲かせるという花、
きんとうかが見せる奇跡か幻か――。

<テキスト>


本作は、当初の予定から結構、発売が延期されました。
延期が長引くエロゲに良作が少ないこと、
BLゲーは個人的に優先度は低いこと、
これまでにライターの過去作もプレイしてきましたが、
個人的に高評価の作品がないことから、
当初は本作の購入を見送る予定でした。

しかし、どうもかなり評判が良いようなので、
気になってしましまして。
まぁ、本作の場合、共通ルートがほぼ全部、
動画で挙がっています。
そうすると、元々のライターのファンや、
動画を見ていけると思った人が本作を購入し、
動画を見ても、そう思わなかった人は購入しないでしょう。
つまり、高評価しそうな人だけが購入したということで、
世間での評判は、一概にはあてにできません。
私も、一応動画を見たのですが、
正直なところ、その時には良さが分からず、
それで購入をしばらく悩んでいたくらいですし。
ただ、動画で見るのと自分でプレイするのとでは、
全然異なる場合があります。
また、本作のストーリーの方向性からすると、
動画を見ているだけでは、
おそらく良さが伝わりにくいタイプであろうと予想し、
それで購入に踏み切ったわけです。
そして、その予想は見事にあたり、共通ルートにしても、
実際にプレイした方が格段に楽しめました。

本作のライターは、日常の何がない会話部分においても、
詩的な表現を用いる傾向があり、
それが他のライターにはない魅力にもなっております。
だからファンが生まれるのも十分に分かるのですが、
他方で、過去作の場合、
ライターがノベルゲーのテキストに慣れていなかったのか、
少し独自な書き方をする傾向がありまして。
それで違和感も大きかったのです。
例えば『図書室のネヴァジスタ』では、
そもそもゲームであることとマッチせず、
それで私は低評価にしていました。
その傾向は『Si-Nis-Kanto』でも少し残っていたのですが、
本作ではなくなっており、
過去作にあった問題点はなくなりました。

また、ライターの持ち味が、過去作の題材では、
私はいまいち発揮できていないと思っていました。
しかし、夏の瀬戸内海に浮かぶ田舎の島を舞台とし、
日本古来の葬祭や島の風習を描く本作においては、
詩的で豊かな描写が、
夏の瀬戸内の島の爽やかさ等に上手く絡みあい、
ライターの持ち味が存分に発揮されたように思いました。

つまり私にとっては、
これまでウィークポイントでもあったテキストが、
本作に至り、完全なストロングポイントになったのです。

<プロット・ストーリー>


上記のとおり、本作は、夏の瀬戸内海の田舎の島を舞台とし、
日本古来の葬祭や島の風習を描いた作品になります。
具体的には、祖母の葬儀のために島に戻った主人公は、
そこで島に伝わる葬儀の方法等を学ぶうちに、
次第に不思議な体験をするという流れになります。

本作のライターの過去作は、
どれもストーリー自体は良いものの、
プロット等でそもそも疑問の残る作品もありまして。
例えば『Si-Nis-Kanto』も、ストーリーは良いのです。
しかし『Si-Nis-Kanto』は、BLゲーにおいて、
マフィアものの良作が散々発売されている中で、
あえてマフィアものだったことから、
またかよという思いもありましたし、
ストーリーの良さも既視感を上回るほどではありませんでした。
オリジナリティというか独自性が弱いのが、
これまでの欠点であったと思います。
そういう意味では本作は、題材的にも珍しいですし、
良く調べた上に、きちんとそれを説明しているものだから、
読んでいて新鮮な気持ちで楽しめるのです。
今までにはなかった独自性が生まれたなかで、
本来のストーリーの上手さは維持しているわけですから、
面白くて当然なのです。

本作に対し、泣いたという感想も見かけたものの、
私は特に泣きゲーというほどでもないと思いますが、
しっかり調べ練られた設定の上に展開されるストーリーは、
最後でジーンとくるものであり、
夏になったら瀬戸内の島に行きたいなと思いたくなるような、
とても良い作品だったと思います。

ただ、一つ気になる点があるとすれば、
あまりBLでやる必要性を感じなかったことですかね。
本作では女性も普通に出てきますし、
男女の愛憎も描かれております。
本作の設定上、攻略対象となるキャラに関しては、
男性にする必要があったといえるでしょう。
しかし、主人公は女性でも良かったわけで、
むしろBLではなく乙女ゲーにした方が自然というか、
全体的にしっくりきたと思うのです。
本作が傑作とまでは思えなかった理由として、
個人的にはこの部分は大きかったです。
まぁ、同じBLゲーの『Si-Nis-Kanto』では、
主人公が完全に姫扱いで、凄く違和感がありましたからね。
それと比べると、本作は大分マシではありますけれど。

<感想>


その他の感想として、サウンドや、
一枚絵の中の、Hシーン以外のイベントCGは良かったです。

ただ、HシーンでのCGは、ハッキリダメだと思います。
まぁ、私は男性同士のHシーンには興味がないので、
影響はないのですけどね。
年齢制限ありのBLゲーとして、
エロにも興味があったという人だと、
どうしてもガッカリしてしまうだろうなと思いながら、
本作をプレイしていました。

<総合>


総合では、十分に名作といえるでしょう。

上記のように、若干気になる部分はあることから、
傑作とまでは言えないと思いますけどね。
それでもプロット・ストーリーに関しては、
年間最高レベルの作品だと断言できます。
最近は、コンパクトな同人ゲーの中には、
まだ読み応えのある作品があるのですが、
フルプライスのボリュームのある作品だと、
ガッツリと読み応えのある作品は少なくなりましたからね。
続編等なしの単発のオリジナルで、
フルプライスのボリュームを伴った作品で、
プロットやストーリーだけで名作と言い切れる作品となると、
本当に数年ぶりって感じでもあり、
それくらい読み応えのある作品でした。

ランク:A(名作)





関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3
カテゴリ「2017」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

評判が良かったので購入しましたが、テキスト良し、プロット良し、ストーリー良しとシナリオライターの実力が存分に発揮された作品でした。グラフィックも綺麗で満足でしたが、Hシーンは苦手でした…。

確かにBLゲーでなく乙女ゲーでも成立できた作品ではあったかと思いますね。何はともあれ、雰囲気が良く、最初から最後まで面白い作品でした。


これまでは、原石みたいな感じで、
良い部分はありつつも、足りない部分も多いライターだったんですけどね。
この作品で一気に化けましたね~
あとは、下手に成人向けBLとかにこだわるのではなく、
いっそのこと一般向けとかで出したら、もう一皮むけるのではないかと。
とりあえず、次回作があるのならば、ぜひプレイしたいものです。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3376-cdc38391
| ホームへ戻る |