『グリザイアの迷宮 -LE LABYRINTHE DE LA GRISAIA-』

『グリザイアの迷宮 -LE LABYRINTHE DE LA GRISAIA-』

『グリザイアの迷宮 -LE LABYRINTHE DE LA GRISAIA-』は、
2012年にWIN用として、FrontWingから発売されました。

シリーズ2作目というか、
実質的には前作のファンディスクみたいな感じですね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
──これでよかったのだろうか?
それは1分1秒とて
ゆるがせに出来ない日々に生きてきた少年の中で、
何度も繰り返された疑問。
あたかも罪悪であるかのように感じる穏やかな日々の中で
出会った少女たちは、
かつての自分を見るようで少年の心を苛んだ。
──その少女が見つけた、生まれてきたことの意味
偽る必要のない本当の自分──
──必死に生きるとはどういうことか
守られる側から守る側へ──
──生きていてよかった、本当によかった。
少年の干渉を切っ掛けに、
少女たちの灰色の果樹園は再び色づき始めた。
永遠を手に入れてやることは出来ない。
だが、掴んだその手を放さずに居ることぐらいは出来るだろう。
それは、一人の少年が胸に秘めた一つの決意──

<感想>


前作である『グリザイアの果実』は、
2011年に発売されました。
前作は、確か発売後すぐにプレイしたはずです。
当時は、そんなに良い作品とも思わなかったので、
その後の作品にもすぐには興味を持てませんでした。
しかし、何年か経って、あれはあれで結構面白かったよなと、
シリーズも続きがでているのならば、
壮大で面白くなっているのかなと思い、
それで本作に興味を持ったわけです。
したがって、本作をプレイするころには、
既に3作目も発売されていまして、
一部では3部作という表現も見かけていました。

まぁ、3部作いえば3部作ではあるのでしょうけどね。
本作をプレイしなければ、全体がつながってきませんし。
でも、実質的には、1作目と3作目がメインであり、
本作はファンディスクみたいなものでありまして。
したがって、前作が大好きな人であれば、
楽しめる可能性は高くなるのですが、
そうでない人の場合、
本作だけの評価と区切って考えてしまうと、
結構厳しくなるように思います。

<総合>


総合では凡作といえるでしょうか。

本作単体と考えると、どうしても辛くなってしまいますね。
もっとも、そうした考え自体に、
そもそも意味がないかもしれません。
シリーズ全体としてプレイすることに意味があり、
そのためには本作は必要だということに尽きるように思いますね。

ランク:D(凡作)





DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「2012」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3375-dc552c52
| ホームへ戻る |