『未来ノスタルジア』

『未来ノスタルジア』

『未来ノスタルジア』は2011年にWIN用として、
Purple softwareから発売されました。

相変わらず、演出は優れていましたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
幼なじみたちと平穏に過ごす主人公 ’工藤陽一’。
少しだけ人と違う力、
手を触れずに物を動かす程度の超能力を持つものの、
それ以外は他人と変わらない生活だった。
――彼女が現れるまでは――
未来の陽一に振られたと話す少女 ’杏奈’との出会い。
それを機に生活が慌ただしく変わっていく。
離れて暮らしていた義理の双子の姉妹との生活、
さらに、’陽一’を待っていたと話し
同様に超能力を備えた少女 ’伊織’との出会い。
彼女たちとの出会いをきっかけに、
物語は大きく動き始めるのだった

<感想>


いつも演出等が良いのと、キャラデザが好みなので、
期待だけはしているパープルの作品。
あまり書くこともないので、短評で。

まず良かった点としては、いつものことながら演出ですね。
それと、テキストの表示の仕方で、
テキストを下部固定だけでなく、
キャラの傍に表示させる可動式にかえることもできます。
海外のADVはこういう表示方法が主流ですし、
その方が私は自然で良いと思うのですが、
なかなかエロゲでは普及しないんですよね。
なので、それをやってるだけでも、ここの作品は好印象です。

ストーリーも、最後までやれば良いのですが、
オールクリア必須とか、最後までやれば~みたいに言われる作品は、
大概はそう言われる時点でハズレってことなんですよね。
本作も、良いところにたどり着くまでに、
つまらない部分が長く続くわけでして。
トータルで考えると、どれだけ楽しめたのか、
疑問に感じてしまいます。

それと、このブランドは、
前年の『初恋サクラメント』をワイド画面で製作しています。
ワイド画面は、必ずしも必須ではないと思いますが、
2011年にはワイド画面を活かして有名になった作品もあり、
また時代の流れ的にもワイド画面へという中で、
本作は逆行したわけで、そこも違和感を感じてしまいました。

<総合>


総合では佳作としておきます。

きちんと推敲するなど、良い部分だけを残せば、
作品全体としても良くなるだけに、
なんかもったいない作品でしたね。

ランク:C(佳作)





DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Summer Pockets      まおてん     シャムロックの花言葉
カテゴリ「2011」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3374-2bf2ae4e
| ホームへ戻る |