『Making*Lovers』

『Making*Lovers』

『Making*Lovers』は2017年にWIN用として、
SMEEから発売されました。

SMEEらしいというか、今までどおりか、
それ以上に、会話の楽しい作品でしたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
恋愛は、付き合うまでの過程がすべてだ……!!
彼女のいない歴=年齢の俺は、どんなに馬鹿にされても譲れない、
そんな恋愛への強いこだわりがあった。
それは運命的な出会いを果たし、
何度も偶然顔を合わせて連絡先を交換。
そして休日は一緒に遊びに行って、
さらに仲良くなって本格的なデートを……
そんな俺の言う『恋愛』とは、その交際に至るまでの『過程』
そこにこそロマンがなくてはならない。
ナンパやお見合いなんて以ての外、人からの紹介も、
他人のお膳立てがある時点で絶対NG!
そう思い続けて今まで生きてきた。
しかしある女子の一言により、
俺はその考えを急遽あらためることになる。
‘付き合ってから本気で恋をしてしまう、
そんな恋愛だってあると思うの’
‘女だって、みんなが器用に恋が出来るわけじゃないし’
‘強引にでも誘われないと、なかなか踏み出せない人もいる’
付き合うのはきっかけに過ぎない。
大事なのはその後どう彼女と仲を深めていくのか。
俺はそんなかつて経験をしたことのない未踏の地に、
この夏、勇気を持って足を踏み入れる――。

<感想>


エロゲのテキストについて、
このライターの文章力は凄いだの、
やたら持ち上げて神格化する人もいますし、
そういう人はゼロ年代前半のユーザーに多かった気もしますが、
大抵の場合は個人の好みでしかない場合が多いと思います。
エロゲで絶賛されているのに、
一般小説とか多媒体ではサッパリなライターとか、
いくらでもいますしね。
だから私は、よほど特徴がある場合を除いては、
あまり評価の上ではテキストを重視していません。
とはいえ、もちろん主観的には好きなテキスト、
楽しめるテキストってのは当然ありまして。
SMEEの作品の場合、ストーリーそのものは、
いつも大したことはないんですよね。
だけど、テキストはいつもとても楽しめるわけでして。
今作も、いつも通りか、それ以上に楽しかったです。
その点では、鉄板と言えるのでしょう。

SMEE作品の特徴として、
ゲームデザインを変えてくることが多いというのがあります。
私がこのブランドに注目している理由でもありますね。
本作でも、ディザーサイトとか見ると、
なんか凝っているようにも見えるのですが、
実際には、今作は普通のノベルゲームですね。
別にストレスになる要素が加わっているわけではないので、
マイナス要因になるわけではないのですが、
プラス要因になることを期待していただけに、
ちょっと残念でした。

本作の特徴としては、他にも、
共通部分を減らして、付き合い始めてからの、
いわゆる個別ルートを重視したという点が挙げられます。
共通を減らして個別重視というのは、
それ自体は大いに賛同したいところではあります。
だから総論ないし一般論としては応援するものの、
具体的な本作の出来という観点からは、
少々残念だったのかなと思います。
すなわち、共通を減らしたことにより、
ヒロインと付き合うまでの過程が、
少々強引になってしまうケースが生じてしまったのです。
共通をコンパクトにしつつも、
もう少し何とかなったとは思うのですけどね。
その辺は、今後の課題でもあるのでしょう。

それから、共通を減らして、その分だけ個別が濃厚になれば、
それはそれでトータルでは問題なかったはずです。
しかし、個別もあっさりめで、
ボリュームが極端に増えたわけでもないので、
過去作からプレイしている人だと、
コスパ面での不満を感じやすいように思います。

キャラデザについては、結構癖があると思いますので、
合う合わないも出てくるでしょう。
キャラへの印象が作品の印象につながりやすいジャンルだけに、
キャラデザを見て合わない人は、
楽しめない可能性は高まります。
もっとも、個人的には、SMEEの初期の作品は、
よくある人気萌え絵の劣化版にしか見えず、
あまり良い印象を持っていませんでした。
前作は、あれはあれで私は結構好きではありましたが、
なんか微妙に古臭さを感じてしまったわけでして。
本作の場合、まぁ、合う合わないはあるだろうなと思いつつも、
個人的には今までで一番好きな感じでしたね。

<総合>


今までのSMEE作品の中で、一番好きな絵柄だったのと、
いつも以上に楽しいテキストだったということで、
ギリギリ良作としておきます。

まぁ、客観的にどうこうというよりも、
主観的な印象が作品への印象に直結しやすい作品ですので、
購入を悩んでいる人は、体験版をプレイして、
それで楽しめればそのまま楽しめる作品だと思いますね。

ランク:B-(良作)





DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3
カテゴリ「2017」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3373-90c85b10
| ホームへ戻る |