『運命線上のφ』

『運命線上のφ』

『運命線上のφ』は2014年にWIN用として、
Lump of Sugarから発売されました。

何かしようという姿勢は好感が持てたのですが、
今作は少し練り込みが足りなかったですかね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
太平洋に浮かぶ孤島『信天島(しんてんじま)』
少年は縁あって、その島へと向かっていた。
調べてみたところ、信天島は幻の島と呼ばれ、
オカルト的な噂話でしか語られていない。
事実、日本の領地として認められていない、架空の島だ。
当然のことながら、権利者も不明。
今は誰が住んでいて、
どのような生活が営まれているのかも、不明。
全てが謎に包まれている『信天島』
そんな場所へ少年が向かう理由はただ1つ。
自身の素性もまた、謎に包まれていたからである。
信天島に到着した少年は、封燐館と呼ばれる施設に案内された。
館の主とそのメイド、そして自分と同様の客人達。
中には自分と同年代の人もいる……
しかも、とびきり可愛い女の子ばかりだという。
「幻の離れ小島に、用途不明の怪しい洋館、ビーチと水着、
そしてバカンス。それに加えて美少女ときた」
少年の眼が鋭く光る。
「なるほど……これは、事件が起きるな」

<感想>


必要なところに必要なシステムを入れる作品、
ゲームデザインからしっかり考える作品。
そのような作品は評価されるべきですが、
現在のアダルトゲームでは軽視されてしまっています。
もっとも、一部のブランドでは、
単なるノベルに終わらせないように工夫するところもあり、
Lump of Sugarもその中の一つになります。
特に、本作の前年に発売された
『Magical Charming! 』が良かっただけに、
本作にも期待が持てたのです。

しかしながら、結論を先に書いてしまうと、
本作は微妙でした。
詳細はサイトでも直接見てもらった方が早いのですが、
まずは選択肢を叩き切るというものがあります。
これは、見た目のインパクトはあり、
演出的には多少の効果はあったかもですが、
ストーリー上必要性があったわけでもなく、
ゲーム性が増すわけでもなく、
それほど大きなポイントにはならないのかなと。

他にも、調査モードやおさわりモードがあり、
ここは直接画面をクリックするモードとなります。
しかし、そのクリックする部分が限られている等、
ポイント&クリック式ADVはもちろんのこと、
選択式等の中に部分的に混ざっている過去作と比べても、
非常に物足りなかったです。

また、本作の場合には、『Magical Charming! 』のように、
確かに斬新ではないかもしれないけれど、
オブラートに包むことで新鮮さを感じるみたいな、
そういう工夫もあまり感じられませんでしたし。

そのため、最大の特徴となるはずだった、
ゲームデザイン部分でのプラスは生じなくなります。
ストーリー等は可もなく不可もなくなので、
全体としてもいまいち物足りない作品となってしまいました。

<総合>


総合では、凡作としておきます。

いろいろ物足りなさも残る作品でしたが、
何かしようとする姿勢は好きなんでね、
今後も工夫をした作品を出し続けてほしいものです。

ランク:D(凡作)





DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


消えた世界と月と少女   少女グラフィティ    少女と年の差、ふたまわり。
カテゴリ「2014」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3371-cf9c89c1
| ホームへ戻る |