『快楽の掟 ~蒼い体験~』

『快楽の掟 ~蒼い体験~』

『快楽の掟 ~蒼い体験~』は1994年にPC98用として、
Moonchildから発売されました。

エロ重視の作品であり、
メインは下宿先の女の子たちなのでしょうが、
個人的には隣の新婚さんが可愛い作品でした。

kairakuokite01.png

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

大学に合格した主人公は、
下宿先が見つからずに困っていたところ、
友人の紹介で夏目家に下宿することに。
夏目家は、母と娘二人の女性だけであることから、
主人公と女ばかりの家族とのHづくしの毎日が始まります。

<感想>


本作はノベルゲームということで、
進行は選択肢を選ぶだけです。
簡単に言ってしまうならば、
『河原崎家の一族』タイプの作品となるでしょうか。
河原崎家が93年の発売ですから、時期的にも、
影響を受けた作品の一つと言えるでしょうね。

まぁ、河原崎家の舞台が館であるのに対し、
本作は普通の民家に下宿するので、
いわゆる館モノとは、ちょっと雰囲気が異なりますけどね。
それでも、閉鎖された空間という意味では共通ですし、
下宿先の女性たちとのH三昧の生活ということで、
やってることも同じようなものですからね。
イメージ的には、河原崎家タイプと考えて良いのでしょう。

さて、上記のとおり夏目家は、母に娘が二人。
その娘たちが連れてきた友人ともHをしますし、
隣の未亡人や、反対の隣の新婚さんともHをしますので、
Hの対象となる女性は、全部で7人になります。

一応マルチエンディングではあるのですが、
間違った選択肢を選ぶと、
そのままゲームオーバーになってしまいます。
そのため本作は、マルチエンドではあるものの、
マルチストーリーとまでは言えないかと思います。

ところで、本作の設定からすると、
夏目家の女性がメインヒロインとなりそうなものですが、
最後にHをしつつ、ストーリー上も鍵を握るという点で、
隣の新婚さん(夫は海外に単身赴任)が、
実はメインヒロインだったりします。
kairakuokite02.png

まぁ、この新妻が一番可愛いので、十分納得なのですけどね。

<総合>


このブランドから発売された作品は、
結局この1作だけだったのかな・・・
ちょっと正確なところは分らないのですが、
そうだとするとちょっと勿体ないですね。

特にこれという強烈な魅力もないのですが、
ノベルゲームでサクサク進みましたし、
エロは多いですし、
キャラデザが好みということもあって、
個人的には楽しめた作品でした。

ランク:C(佳作)



関連するタグ PC98 /ADV /ノベル系 /


消えた世界と月と少女   少女グラフィティ    少女と年の差、ふたまわり。
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3370-46ef83bf
| ホームへ戻る |