Temptation Naked2

Temptation Naked2

『Temptation Naked2』は2008年にWIN用の同人ゲームとして、
Parthenonから発売されました。

催眠及び露出羞恥に特化した同シリーズの第2弾です。

Temptation Naked2

Temptation Nakedシリーズの第2弾ということですが、
直接の続編ではないので前作をプレイしてなくても全く問題ありません。

ヒロインに催眠術をかけて調教する、
そしてその調教内容が露出・羞恥方面に特化しているという、
作品の大まかな流れが一緒というわけですね。
まぁ、ぶっちゃけコンセプトは一緒で、
キャラを変えたという作品なわけですね。

さて、今回のヒロインは金髪ツインテールの、
高飛車な生徒会長であります。
うん、いかにも調教したくなる設定ですよね。

前作のヒロインが一昔前の正統派学園のアイドル系ならば、
Temptation Naked2は今風のツンデレお嬢様ってところでしょうか。
どっちが良いかは最終的に好み次第でしょうし、
どっちもそれぞれに魅力的ではあったのですが、
若い人ほどTemptation Naked2の方が入りやすいようには思いますね。

内容的には、長所も短所も前作と同じだと思います。
繰り返しになるので細かい部分は省略しますが、
短所としては尺やストーリーが短めなことが挙げられ、
そういう部分を求めるとあまり楽しめないかもしれません。

しかし、相変わらずキャラは可愛くかつエロイですし、
マニアックな露出シーンが多く含まれていますからね。
この部分にかけてはトップクラスの出来なわけで、
露出・羞恥好きならおそらく満足できるように思います。

そして、あくまで個人的な印象ではあるのですが、
個々のシーンは前作よりも良くなったように感じました。

前作より全体的に進歩していますし、
露出・羞恥属性的にはトップクラスの内容も有していると思いますので、
総合的には良作ってところでしょうか。
露出・羞恥に興味がなければ楽しめない場合もあるでしょうが、
露出・羞恥的側面だけに限定すれば名作級の出来でもあり、
好きな人向けの作品と言えるのではないでしょうか。

このサークルはね、他の人も思っている人は多いかもしれませんが、
商業デビューしてボリュームのあるフルプライス作品を作れば、
もっと面白いのが出てくるようにも思うのですよ。
いや、別に商業作品でなくても構わないのですが、
価格が少々高くてもボリュームのあるものを作ってくれれば、
名作が生まれる可能性は高いように思うんですよね。
なので、今後に期待したいサークルですね。

ランク:B-(良作)

ダウンロード版
Temptation Naked2

関連するタグ ADV /ノベル系 /WIN /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2008」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |