『はるるみなもに!』

『はるるみなもに!』

『はるるみなもに!』は2017年にWIN用として、
Clochetteから発売されました。

おそらく2017年で、
一番売れた作品となるのでしょうが・・・



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
背後に豊かな山地を控えた海沿いの街・玉津江町は、
再開発で近代化が進む海側と、
神社を中心に昔ながらの村風景が残る山側が混在する地方都市。
双方の地域ではそれぞれ
海の神と山の神を祀った神社があるのだが、
山側には住人が誇りとする‘現人神の少女’が存在する一方で、
海側は現在祭神が不在という状況だった。
これはよくないと新たに神様を迎えることになったのだが、
やってきたのはこちらも少女の姿をした現人神…。
しかも、鎮守の役割を果たせないほどのへっぽこ神様だった!
現山の神の兄で宮司の息子でもある山神立貴は、
クラスメイトになった新米へっぽこ神様から協力を求められ、
彼女の神様修行を応援していくことに。
そんな中、町には海神以外にも
様々な神様が集まって来るようになり、
その誰しもが立貴のことを気に入ってしまって…?

<感想>


本作について直接書くことはあまりないので、
ほとんど余談みたいなものが中心になってしまいます。
本作の中身だけが気になる人はすみません。

さて、エロゲにもいろいろあるけれど、
特殊な属性であるとか、斬新なシステムを導入しているとか、
何か客観的に特別な要素がある作品は、
その部分が優れていさえすれば、
名作と言って良いのでしょう。

しかし、個人の主観に左右されやすいストーリーや、
テキストなどだけが優れているとされるような商業作品の場合、
ネット上で情報が得られやすくなったゼロ年代以降において、
一部の信者やサイトが持ち上げているからといって、
それだけで名作扱いするのはおかしいよなと思うわけでして。
もしプレイした人の大半が凄いと思うなら、
ファンも増えて次の作品は売れるはずなのに、
ネット上での知名度だけは信者の普及活動で増えつつも、
ゲームは全然売れないってライターが何人もいますからね。
それって、ネットで騒ぐような一部の人に受けただけで、
そうでない残り多数のユーザーには支持を得られなかったと、
そういうことなんだと思うのですよ。
そしてそういうライターは、
今はラノベとかに移っていっている人も多いです。
信者に言わせれば、
有能なライターがエロゲから出て行ったから、
エロゲは売れなくなったんだということらしいですが、
いやいや、ちょっと待てよと思うわけでして。
そいつらがエロゲで活動していたとき、
そもそもあまり売れてないのだから、
エロゲの売上にあんまり関係ないじゃんって思うのですよ。
(虚なんとかさんとか、田なんとかさんとか、
丸なんとかさんとか、他にもいろいろいますが・・・)
絵が貶されつつもシナリオだけで売れたのって、
鍵作品とか、それくらいしかないんじゃないのって思いますし。
そういうのもあって、私はゼロ年代前半の、
いわゆるシナリオゲーとかそのライターには、
懐疑的な部分が多くなってしまうのです。
まぁ葉鍵の時代とかって無意味に神聖視する人いるけど、
葉が年間売上で1位になったのって、1度だけですからね。
それもエルフやアリス等の最大手が大作を出さなかった、
狭間の年ですし。
実際のところ、そんな凄かったわけでもないです。

結局のところ、萌えとか恋愛ゲーという、
主流派の作品においては、一般的に名作といえるかは、
売上というのが一番大きな指標になるのかなとさえ、
今は思ったりもしています。

だからまぁ、その年に一番売れた作品は、
その時代を知るという意味も含めて興味が出てくるわけです。
そして、2017年の場合は、本作になるのでしょう。

まぁ、クロシェットの場合、シナリオというよりも、
絵の人気の方でファンが増えたのでしょうけどね。
いずれにしろ、できるだけ客観的に考えようとすると、
2017年を代表する作品の一つが、
本作であるということになるのでしょう。

さて、キャラゲーで一番売れているわけですから、
この絵が今のユーザーに受けているということに、
おそらくなるのでしょうね。
だから私の方が少数派になるのだろうと、
それは前提としたうえで、
なんか何がそんなに良いのか、良く分からなかったです。
キャラ絵にそれほど目立つところはないですし、
演出とかもっと凄いブランドは幾つもありますしね。
テキストがキャラの魅力を引き出すことも多々ありますが、
本作はそれも上手くいっているとは思えません。
っていうか、妹がね、開始時こそ可愛いなと思えたものの、
あの口癖は、イラっとさせかねないです。

<総合>


今年を代表する中の1本ということで、
その意味ではプレイする価値はあったと思います。

他方で、個人的には、得るもののない作品でした。

ランク:D-(凡作)





関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


消えた世界と月と少女   少女グラフィティ    少女と年の差、ふたまわり。
カテゴリ「2017」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3367-186b6710
| ホームへ戻る |